134
櫂
3.5

/ 67

13%
39%
37%
7%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(12件)

セクシー13.8%切ない13.8%泣ける10.3%絶望的10.3%悲しい6.9%

  • スーザン

    5.0

    十朱幸代、母性と意地、渾身の演技。

    女衒商売の夫に振り回される妻。 だがおとなしくじっと陰で支える妻にはなり切れない。 それ故に清くも哀しい半生を歩む。 そして女の意地を貫き通す。 ラストに余韻。 十朱幸代が素晴らしい。

  • あき

    5.0

    高知の女衒三部作。

    五社英雄監督と宮尾登美子原作の土佐ものは主役は変わるけれど、女と男の運命的な生き方をよくも悪くも描いているので、何回も見てしまいますね。その度に新鮮な発見があるのは、お話しを覚えてないか出演者がツワモノぞろいで見るたびに印象が変わります。

  • たーちゃん

    4.0

    ネタバレおなごを、わやすなっ!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nak********

    3.0

    流石に臓器売買はないと思う

    昔は世界中で人身売買はあったね。 その分命の価値観も違ってたね。

  • kou********

    5.0

    十朱幸代

    五社英雄監督の演出が冴え渡った今作、主演の緒方拳はもちろんの事、その妻を演じた十朱幸代の芝居が素晴らしい。 冒頭の若い頃と、終盤の身も心もボロボロになった歳を重ねた女性の演じ分けが見事。 幾つもの別れがある作品だが、その節目に必ず関係をしている喜和を演じる十朱幸代の芝居が凄く良いので、感情を揺さぶられまくる。 令和の今の時代では考えられない世界の話だし、今の時代の監督や役者たちには絶対に演じる事が出来ない世界。 やはり設定の大正時代の面影を残した昭和の時代を知った監督や演者たちだからこそ成りえた説得力のある世界観でした。 素晴らしい映画でした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル