ここから本文です

生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言 (1985)

監督
森崎東
  • みたいムービー 20
  • みたログ 74

3.41 / 評価:27件

女優として美津子は姉より二段は落ちるね

  • da5***** さん
  • 2017年7月22日 0時57分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

宇崎ロックをバックに、目隠し暴走車! 冒頭の破壊力は昭和の色を結構超えており、普遍的秀作性でそのまま映画が驀進───かと思えた。

だが、福井到着後、演技・演出もふくめた物語全体が、たるむ。どうでもいいヤクザ連中が(現実社会では隅っこの屑どものくせに、こういう邦画の中でだけはあたかも大人物ヅラして)威張りだすし、ドブ臭とそう変わらぬ“昭和B級臭“方面を迷走しつづけてしまって、結局退屈映画。
ところどころの原発作業(員)の描写とおどろおどろしいサイレンだけが興味深かった。たまにRCの「サマータイムブルース」をユーチューブで最敬礼気分で視聴することもある私としてはね。

倍賞美津子は、肉体的にはさすがアントニオ猪木の嫁(当時)。もろもろが強い。演技は、可も不可もなし。
まあ、ほかのどんな女優がバーバラ役やっても、作品のつまらなさは同じだったろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ