危険な女たち
2.3

/ 10

0%
10%
20%
60%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(5件)


  • sou********

    2.0

    ネタバレとってもふるくさ~~い感じがした。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • t_z********

    3.0

    ネタバレ無駄な人物が多かったです

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • vez********

    2.0

    ストーリーは今ひとつでしょうか。

    消えた凶器をめぐって女達の愛憎が複雑に交錯する-そんな作品でしょうか。 若かりしころの(失礼!)きれいな女優さんがたくさん出てくるので、そういう意味では見ごたえがありました。 原作を読んでいないのですが、作品だけで見る限り、ミステリーとしては、ストーリーの組み立てが、ちょっと甘いかなぁと思いました。 (H20.10.15 レンタルDVD観覧)

  • tan********

    1.0

    デビッドスーシェ版をお勧めします

    砂の器 鬼畜の監督作品とは思えない駄作 ポアロの役回りの石坂もなんだか… 場所を日本にしても良いが、時代設定を現代にしたのは誤り 自ら「久里子亭」と名乗っていた市川昆にやらせたかったな…

  • agu********

    3.0

    裏の裏?をかくサスペンス。

    火サスとかを見ていると、容疑者第一号は大抵真犯人ではなく、 ストーリー終盤になって、どこからともなく突然真犯人が 暴かれる。なんてのが多いが、本作はサスペンスの定番?を ひっくり返したと自負する一本です。 この映画も火サスと同じように容疑者第一号がいます。 実は真犯人は他にいる!!ってことはなく、 第一容疑者が犯人ってオチです。 凄い!! 裏の裏をかいている!! 口が滑っても「表ですね。」なんて言ってはいけません。 アガサ・クリスティーの原作を海外と権利を巡って争った らしいですが(詳細は分かりませんが・・・・。) 白浜を舞台にしてやるってのも、イメージぶち壊しなんじゃないですかねぇ・・・。 個人的に千畳敷とか白浜は大好きですが。 それとどうしてなのか、劇中に何度も突然流れてくる 映画の雰囲気ぶち壊しな主題歌。 今、いわゆるイケメン俳優陣が 内容のない映画で映画をぶち壊してくれているのと 同じように1980年代には可愛いアイドルが 映画をぶち壊していたのでしょうか。 特に、美男美女に恨みはないのでこの辺にしておきます・・・・。 野村芳太郎監督晩年の作品だと思われますが、 中期ごろのものの方が、心に響く作品が多いと思います。

1 ページ/1 ページ中