RAN

162
乱
3.8

/ 496

29%
33%
29%
7%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(102件)

スペクタクル16.5%絶望的15.5%切ない10.7%悲しい10.4%ゴージャス8.2%

  • yyb********

    5.0

    怒涛の時代劇

    戦国の将軍である秀虎家の乱を描く時代劇。家督を得るために争うその息子たち。それによって生じる戦乱。怒涛の迫力を持った時代劇。

  • beautiful_japan_

    4.0

    日本版リア王(楓の方vs鉄)

    黒澤明が脚本・監督・編集した日仏合作の歴史映画。シェイクスピアの代表作『リア王』の枠組みを戦国時代に置き換える。 主人公の戦国武将・一文字秀虎(仲代達矢)は架空の人物だが、毛利元就の三本の矢のエピソードや、息子に追放された武田信虎のイメージも垣間見える。なにかにつけて対立する楓の方と鉄(くろがね)修理のやりとりが見どころ。 武将の衣装や騎兵たちの旗指物が、とにかくカラフル。衣装デザイナーのワダ・エミがアカデミー賞衣裳デザイン賞を受賞したのは納得できる。騎馬軍団の移動シーンは“世界の黒澤”らしい躍動感がある。 ただ、あまりにも整然としすぎていて不自然でもある。黒澤明の代表作『七人の侍』のような荒々しさ、力強さは感じられない。 エキストラの人件費や豪華な小道具を見る限りおカネを掛けているのは分かるが、それだけ。能の動きを取り入れて上品に仕上がっているが、戦国時代の無骨さは描き切れていない。 鶴丸役の野村武司(萬斎)、狂阿弥役のピーターの名演が光っているが、他の出演者との間にある違和感が残念な作品。乞食とか、め●らなどの、いわゆる放送禁止用語をあえて使った理由も不明。

  • sou********

    5.0

    もっとクロサワを知りたくなる。ところで、楓には敵わんなぁ…。

    この映画で最強は楓やろうな。この女性に翻弄される男たちの運命!しかし、彼女自身も一文字家に家族を奪われた姫。 超絶スペクタクルの因果応報…。人の強欲の成れの果て。 強欲は…他人から奪い、自分をも滅ぼす。 色即是空、空即是色。全ては無とする仏の巻物で終わる世界観よ! ぬぬぅぅ…クロサワ。もっと、もっと、良く観るべきだったと気付く。 同時に映像にかけるエネルギー!城セットを焼き尽くすプロジェクトを完徹出来るカリスマ性。金を集めなきゃ出来ないし、その期待に応える映像よ。凄い人だったとまざまざと見せつけてくれる。グレイトだ! 合戦の落馬スタントも凄まじい。 音楽も素晴らしい。記憶に残るタイプじゃないが、場面、場面のフィット感が好きだ。 間違いなく、黒澤明のスペクタクル映画は超弩級のエナジーに満ちている。

  • yam********

    2.0

    ネタバレ巨匠75歳、自虐の詩w

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bat********

    4.0

    ネタバレ裏切りと憎しみの中で愛し合う人々の姿を壮大なスケールで活写した時代劇

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


仲代達矢一文字秀虎
寺尾聰一文字太郎孝虎
根津甚八一文字次郎正虎
隆大介一文字三郎直虎
宮崎美子末の方
植木等藤巻信弘
ピーター狂阿弥
油井昌由樹平出丹後
伊藤敏八長山主水
児玉謙次白根左門
加藤和夫[俳優]生駒勘解由
松井範雄小倉主馬助
鈴木平八郎藤巻の老将
南條礼子秀虎の側室
古知佐和子秀虎の側室
東郷晴子楓の老女
神田時枝末の老女
音羽久米子秀虎の側室の老女
加藤武畠山小彌太
田崎潤綾部政治

受賞歴

アカデミー賞第58回

衣装デザイン賞

NY批評家協会賞第51回

外国映画賞

LA批評家協会賞第11回

外国映画賞音楽賞

基本情報


タイトル

原題
RAN

上映時間

製作国
日本/フランス

製作年度

公開日
-

ジャンル