友よ、静かに瞑れ
3.1

/ 30

27%
13%
20%
20%
20%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(12件)


  • tka********

    5.0

    友を助ける理由

    一緒に見た彼女には、主人公の行動が全く理解できなかった。 男が友を助けるのに理由なんていらねえんだよと説教しておいたが分かってくれたかどうか・・・ 何年も会ってない友達が事件に巻き込まれている事を知ったら俺は助けに行けるだろうか? 行けるはずと信じている。

  • bos********

    1.0

    独り善がり

    独り善がり

  • るー

    1.0

    安いです。

    ちょっと軽い。心理描写なんかをもうちょっとズシリと重くすればいい映画になったかも。

  • ルー

    5.0

    オレベスト5入り

    もう何度も観ているのですがまた観てしまう。とにかく臭い。ベタベタに泥臭い。しかしカメラワーク、画的構図、色味、贅肉を削ぎ落としたシナリオ、小説的な演出、沖縄のまったりとした空気感、、、全てがたまりません。オレ・ベスト5入り。恥ずかしながらその昔ロケ地巡礼までしたぐらい好きです。崔洋一の撮る沖縄て独特の雰囲気がありますね。

  • der********

    3.0

    レモンの酸っぱさ、ほろ苦さ

    北方ハードボイルドの映像化、崔洋一監督、グッジョブ! どこか異国の迷宮を思わせる、沖縄辺野古の裏寂れ時代から取り残されたような街並み。その街を訪れた男と、そこに暮らす男女の、わずか3泊4日の物語。 藤竜也と原田芳雄は、かつて日活ニューアクションでやんちゃをやっていた頃の雰囲気のまま、それなりに歳を重ねた渋い中年男になっている。ラストで登場する林隆三は、一言のセリフもないけれどいいところをみんな持っていく。悪徳警官役の室田日出男も安心の演技だ。総じて男優陣が適材適所、それぞれのいい味を出している。女優陣では倍賞美津子が光る。一人の男を思い続ける薄幸の女、それでいて肩を寄せ合って生きる似たような境遇の女性たちの面倒を見る強い女を、抑えた演技で演じきる。 特筆すべきは、北方ハードボイルドの永遠のテーマ――少年は男の生き様、死に様を見て育っていく。だから大人はその姿を見せなくてはならない――が、きちんと描かれていること。林隆三の手からこぼれたレモンをかじることで、少年は大人への一歩を踏み出す。口いっぱいに広がったレモンの酸っぱさとほろにがさこそ、君がこれから生きていく「大人の世界」の味なんだよ。

  • pin********

    1.0

    何これ…

    サスペンス、アクション、ロマンスと何もないままに終わった。 ハードボイルドって退屈だ…。

  • ats********

    2.0

    古臭さを感じましたね

    いま見ると古臭さを感じずにはいられませんでしたね。いくつかあるシーンもちょっと不自然な感じがあって、イマイチ感情移入できませんでしたね。

  • kak********

    5.0

    北方謙三の同名小説映画化は”男の美学”だ

    ハードボイル小説で有名な北方謙三の同名小説の映画化。 大島渚監督の「愛のコリーダ」で話題をさらった藤竜也 主演、その助監督を務め、「十階のモスキート」で監督 デビューの崔洋一監督作。 物語は、沖縄の辺野古が舞台。再開発を巡って地元の意見 が分かれて孤立した旅館を訪ねて一人の男がやって来る。 何やら、時代を先取りした舞台設定だが、実は小説の舞台 は山陰で映画での舞台を選んだのは監督の機転だった。 相手役、と言ってもクールな関係なのだが、倍賞千恵子を 姉に持つ倍賞美津子が熱演。 共演陣も豪華で、日本のハードボイルド映画には欠かせ ない原田芳雄が元ボクサー役、悪徳刑事役に扮するのは 室田日出男、TVドラマ『白い巨塔』の財前五郎が印象的 だった佐藤慶、そして物語の中心人物ながらラストまで 謎が多い男を林隆三が演じる。 パンフレットの序文に名文があったので一部引用する。 ”たとえばそれがレモンひとつほどの値打しかないとしても 男は自分の思い通りに行動し、危険な匂いの中に立つ” 本作品の雰囲気を伝えるのにピッタリで、文中にある ”レモン”は再三登場し重要な場面の象徴として使われる。 脚本はTVドラマ「探偵物語」で脚本デビューの丸山昇一。 小説の映画化とは言っても、見事な脚本で、無駄な会話が 全くない。 また、ありがちな暴力シーンの多用とか、不必要なセックス シーンもなく、ただ一筋に男の”気骨”を描き美学に仕立て ている。 ラストに”友”と顔を合わせた時、両者無言なのに意思が 完全に通じる素晴らしさは、アラン・ドロンとチャールズ・ ブロンソンの「さらば友よ」の日本版である。 子供の将来の為体を張る父親、ひたすら男の帰りを待つ女、 恩と正義の間に挟まれても自分の道を見出す男、など主役 以外の人間の生き様も並みではなく、スケールの大きさを 感じる。 邦画なのにDVDのジャケットにはっきりと刻まれた英語、 ”Let him rest in peace”は「友よ静かに瞑れ」という 完璧な題名に相応しい英題で”安らかに眠らせてやれ” という思いが込められている。 邦画でも最高レベルに入る出来であり、日本人として誇り に思っても良い。邦画のお手本として、いつまでも心の中 で生き続ける傑作である。

  • tct********

    5.0

    グラン・トリノ

    もう何年も前に見たのですが、先日「グラントリノ」を見て思わず投稿しちゃいました。 同じラストです! 寧ろ本作の方がぐっときました。 最近饒舌な作品が多い中、映像に多く語らせた演出は見事だと思います。 藤竜也、原田芳男、佐藤慶という堪えられないキャスティングでちょっと甘めの星5つ!

  • fua********

    5.0

    邦画でハードボイルドが出来たとは

    公開当時、2本立ての一本として見た。当時の日本にも、それなりにハードボイルド小説はあったのだが、映像化したらたんなる暴力映画ばかりだったのであんまり期待してなかった。一度見て、何度も見たい映画だとわかった。感情の露出を極力抑えたストイックな演出、白々と荒廃感が漂う町。何がしかのこだわりと諦めを宿しながら対峙する男たち。淡白に流れる明るいラテンの調べ。そしてラスト。何の説明も無く、それまでの数日間を切り落とすように去っていく主人公。わけもなく痺れた若い夜だった。彼らと同世代になった今。時々あの数日間を確認してみたい、そう思う。

  • gam********

    5.0

    ネタバレ転がるレモンを拾いあげて・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • dog********

    5.0

    沖縄の映し方

    すごくかっこよかった。沖縄の映し方も、俳優の演技も。 隠れた名作なのでは。 話も悪くないし。

1 ページ/1 ページ中