ここから本文です

刑事物語 くろしおの詩 (1985)

監督
渡邊祐介
  • みたいムービー 7
  • みたログ 159

3.31 / 評価:39件

ええかげんな奴ですが真面目に書きます。

親愛なるレビュアーの皆様
この度おかげ様で ええかげんな私のレビューも400本を迎えました
その記念に武田鉄矢さん主演『刑事物語』第4作目をお送りします
この作品の舞台は坂本竜馬の出身地である高知県です。

先日東宝から『刑事物語』の第2~5作のDVDが発売され
それに合わせてナンバリングのなかった本作品も
『刑事物語4 くろしおの詩』と改題されました。

私の好きな順位はこれまで2、1、4、3、5でしたが
DVDで久しぶりに鑑賞すると1、4、2、3、5に変わりました。
第2作『刑事物語2 りんごの詩』は今観ても傑作で感動し泣けましたが
やはり前半のヒロインの話と後半の親子の話が繋がっているものの
物語に一貫性がなく途中で気を削がれる映画となっていました。
その点1作目と4作目は物語のバランスがとても良く出来ています。

4作目はコメディ色が強すぎるという批判も多くあります
確かに刑事をクビになった片山さんがヤクザになったり
植木等さん演じる警察署長が女装をしたりとコメディ要素は強いですが
2作目のタモリさん演じる飲み屋や
3作目や5作目に多く見られた流れをブチ壊すかのような笑いではなく
物語の雰囲気に合わせた自然な笑いと受け止めることが出来ます。

『刑事物語』の楽しみと言えば

タイトルの通り刑事物(捜査物)としての楽しみ
(※片山刑事の帽子やラストシーンの雰囲気を見ていると
 石坂浩二さん主演【金田一耕助】の影響も大きいと思います)

『男はつらいよ』のような片山刑事の失恋物としての楽しみ
(※寅さんと違うのは片山は男としての欲望もある等身大のキャラ)

ジャッキー・チェンのようなアクション映画としての楽しみ
(※ジャッキーのようには行きませんがそれを逆手に取る演出をしますし
 武田さんはしっかりと肉体改造をし正式に蟷螂拳を習っていますので
 回を重ねるごとに殺陣の切れが良くなって行きます)

この3点が大きくあります。
『刑事物語4 くろしおの詩』はそのバランスがとても良く
バランスという点だけ見るとシリーズ1かも知れません。
片山刑事の男としての欲望を持つという点は薄いですが
そこは寅さん路線の強調であり作品を落とす要素にはなりません
ヒロインを妊婦さんにし性欲ではなく生活を夢見る男として描いているので
より等身大に思えますし、よりラストの悲しさ寂しさも強調されています。

私は今回の鑑賞で1位が1作目で2位が4作目となったのですが
このどちらも渡邊祐介監督作品になります。

渡邊祐介監督は武田さんや制作会社の要望を入れながらも
『刑事物語』には何が必要で何が不必要かをよく理解されています。
1作目のラストで武田鉄矢さんがお書きになった脚本では失恋はせず
片山刑事とヒロインがは結ばれるハッピーエンドだったそうですが
それを失恋物にしたのも渡邊祐介監督だそうです彼がいなければ続編はなかったのです。

そして『刑事物語4 くろしおの詩』の大きな特徴には
武田鉄矢さんが脚本参加していないことがあります。
これは当時武田さんが尊敬する人物を描いた念願の映画
『幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬』で多忙のためだったそうですが
私的には武田鉄矢さんが脚本参加していなかったことが
この作品をシリーズ1バランスの良く出来たのだと思います。
確かに『刑事物語』は武田さんがお作りになった作品です
しかしそれをまとめ映画として完成させたの渡邊祐介監督です

『刑事物語』は武田さんの作品ではありますが

渡邊祐介監督の作品なのです。

もしも、もしも5作目も渡邊祐介監督が撮っていたらまだ続いていたかも知れませんね。

2010年NHKの大河ドラマ『竜馬伝』において
武田鉄矢さんは竜馬の師である勝海舟を演じています。
昨年の『天地人』ブームのように坂本竜馬もブームとなり
『幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬』がDVD化されることを切に願います。
そして武田さんがさらに注目され『刑事物語』が復活することを切に願います。
その時には東宝さんにはぜひ渡邊祐介監督の起用をお願いしたいです。

最後に・・・
『刑事物語4 くろしおの詩』のラスト
片山刑事が坂本竜馬像に言った言葉で締めさせて頂きます。

「あなたは偉かったんですね」

ええ加減な奴ですが放っておかずにいてくれて皆さんありがとう♪

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ