レビュー一覧に戻る
ドレミファ娘の血は騒ぐ

mov********

2.0

ネタバレゴダールに憧れた映画青年の実験映像篇。

勝手にしやがれ〜、CUREが好きな黒沢清の初期作品群を鑑賞出来る機会があり鑑賞。 実験映像篇 『映画』・・・というより  ファイル 物語はない ただ 構図 構図への偏執的執着・・・ ただ それだけ の 『篇』  で  も  あ  り 『偏』  の  集積 クラッカーでの伊丹十三の後ずさりする動きだったり 好きなシーンは合ったが(それだけだけどw) 『黒沢清』と云う映画人を学術的に探求するため 【だけ】  の映像篇 それだけの利用価値しか見当たらない映画 いや 篇 だったな 『映画』ではない 『エンターテイメント』でもない 『サンプル』 実験的嗜好で監督第一回作品でよく取り上げられるのは デヴィッド・リンチ/イレーザーヘッド だと思うが リンチの作品には わけがわからないなりにも 監督ミズカラが放つ ネツリョウ ジョウネツ エグゾースト・・ アットウテキバクハツリョク (いまだにその被爆感はある) それらがサイゲンなく感じられたが この黒沢清の作品からは感じられない ただ 憧れや模倣はあるけれど それ以上は感じられない この作品は黒沢清の熱狂的ファンが 解体 して喜ぶ・・・ それ以上の 価値 はないように思う。 ねたばれ? bakenekoさんも同じ日にバッティング? わたしは大杉蓮のテレビ短編がまぁまぁよかったと思うよ 松本人志と黒沢清の 関連 をここで垣間見れました。

閲覧数2,035