それから
3.7

/ 125

30%
31%
26%
7%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(22件)

切ない18.3%ロマンチック11.8%悲しい9.7%知的9.7%不思議6.5%

  • waka

    4.0

    ムズい。

    2022/01/06(木)スカパーの東映チャンネルにて鑑賞。 純文学なんて読んだコトもないし、まして見たコトもまぁ聞いたコトはあるか。 御大夏目漱石の「それから」の映像化。 松田優作のこういった役柄はまれに貴重だし、この役に乗り移ったかの様に思われ痛く感激した所存であります。他の演者さんも良く奇跡的な映画の一本になっております。 一本調子のセリフ使い、多分小津安二郎あたりを狙ってると思られ、最近東京物語を見たので刻いっそう思う。 リドリー・スコット御大が松田優作作品でこれを褒めていたので見るべき人が見るとそうなんだなと思う。 まったく自分好みの映画じゃないのも見ると新たなる発見があってヤッパ映画って面白い。

  • oir********

    4.0

    恐ろしくまどろっこしいが心配りの行届いた

    演出が感じ取れ、原作にではなく監督及び製作陣の仕事に敬意を払いながら最後まで見てしまった、てな感じ。 第一に夏目漱石文学にはどちらかと言えば否定的なので、本映画ストーリーにも好感持ちようがなかったのだが、〝男女の微妙に揺れ動く心のひだ”をどのように描こうか、森田監督が相当腐心された様子が伝わってきたような気がし、中盤以降目が離せなくなってしまいましたね。※正直折り返しの時点では「あと1時間かよ・・・」とゲソゲソしていた。 勿論主演二人、松田優作と藤谷美和子両名の演技も後半惹きつけられるだけの魅力はあったのだろうけれども、その他役者陣をも〝微妙に”生かし切った森田采配の勝利と言っていいように思います。 酷暑の谷間の涼しい本降りという今日の天候も、本作の鑑賞環境としてポジティブに作用したのは間違いないでしょう。 それに、自身の過去の経験と重なる場面があるかのように感じ取れたのも無視してはいけない要因かも。 4.2の四つ星

  • sks********

    3.0

    落ち着いた雰囲気の優作さんも良いですが。

    夏目漱石大先生の小説が原作で、森田芳光監督だとすると、悪くは言えないところですが・・・。 ストーリーは単純で、まとめてしまうと30分程度で収まってしまうお話。ただそこは明治の雰囲気を映像と役者さんの演技で味わうというのが見所なのでしょう。 落ち着いた雰囲気の優作さんも好きですが、個人的には相手の女性は藤谷美和子ではない方が良かった。ちょっとイメージ、雰囲気が違うのです。 絶賛しているレビューが多い中、恐縮ですが映画としては今一つでした。

  • rhd********

    4.0

    1985年の森田作品

    劇場公開時ではなく4~5年経ってレンタルビデオで観た記憶があります。 林海象監督などにハマってその流れで観たような。 この作品がきっかけで、その後夏目漱石さんにハマった気がします。 そんな訳で30年ぶりくらいにアマプラで改めて鑑賞。 80年代にはこの手の耽美的な映像が流行りとしてありました。 初期の林海象作品などに色濃く表れていますが、映像としての面白さ、実験色の強さは時代の特徴かと。 そして、観た当時は本当に「ほえええ!」と結構な衝撃を受けたのを覚えています。世間の高い評価とは逆に自分としてはあまり松田優作さんが好きではなく、森田作品の「家族ゲーム」と今作で、あ、この人好きかも知れん…と思ったり。 藤谷美和子さんは言うまでもなく、中村嘉葎雄さんと草笛光子さんの兄夫婦、小林薫さんの平岡、主要キャストの配役が素晴らしい。 そして、漱石さんにどっぷり浸かった今になって改めて観ると、子供時代にぼんやり観ていた30年前とは違い、漱石さん作品の森田芳光解釈に改めて「ナルホドねぇ」と面白く観られました。 結構クセの強い映像、台詞回し演出なので苦手な人はいるかもしれませんね。 映像に関しては林海象監督の初期作品群(夢見るように眠りたい、二十世紀少年読本、私立探偵濱マイク)などがお好きな方にはハマるかと。 一本調子の台詞回しなどは、小津映画オマージュなどがあるのかも知れません。笠智衆さんも出てらっしゃるしw 漱石フリークとしては、俳優の勝手な薄い解釈の抑揚起伏で感情的に喋られるより全然好感を以て観られます。 これを機に、原作の「それから」を読んで漱石作品に触れて貰えると嬉しいですねえ。

  • tk

    5.0

    ネタバレ「それから」輝きに満ちた映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


松田優作長井代助
藤谷美和子平岡三千代
小林薫平岡常次郎
笠智衆長井得
中村嘉葎雄長井誠吾
草笛光子長井梅子
風間杜夫菅沼(三千代の兄)
美保純佐川の令嬢
森尾由美長井縫
川上麻衣子神楽坂の芸者・小染
遠藤京子神楽坂の芸者・久米香
一の宮あつ子賄い婆さん

基本情報


タイトル
それから

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-