近松門左衛門 鑓の権三
3.1

/ 27

4%
48%
22%
11%
15%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(6件)

セクシー20.0%切ない20.0%悲しい10.0%勇敢10.0%絶望的10.0%

  • bur********

    3.0

    生首

    郷ひろみが最大のミスキャスト。 あのメイクとセリフでは時代劇には無理。 悲劇性が希薄。 また錦帯橋での太刀回りが余りにも稚拙。 重要な名勝に傷の心配があったのだろが。 ラストの意味深な茶の湯の長回しは篠田監督の この作品への意図が透けて見えた。

  • mam********

    4.0

    出会えてラッキーだった作品

    郷ひろみと同じ時代に生きて来たが彼が主役で近松物とは初めて知った。 こんなに演技が上手かったのにも驚かされた。近松物らしい作品であり私好みの作品でもありました。 でも岩下志麻より郷ひろみの方がお化粧が濃いでしたね

  • tom********

    4.0

    ネタバレ泥沼に嵌って行くアイドル郷ひろみ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • しおびしきゅう

    4.0

    せめて、竹竿の一本もあろうものなら……!

    BS日テレ『木曜は!特選時代劇』で鑑賞! 2022年2月24日(木)放送分を録画で! オイラが2022年に観た、70本目の映画! 主演、郷ひろみ! えっ?特選時代劇で、アイドル映画?と一瞬思ったが、失礼しました! 当時30歳となった郷ひろみ、ちゃんとした時代劇でした! 時は、参勤交代が制度化された1635から100年経った泰平の世! まあつまり、1735年ということですか! 武士は、武芸同様、茶の湯を嗜むという! 鑓の権三(郷ひろみ)は、男前で槍の使い手! そして茶の湯も完璧?! お雪(田中美佐子)という、結婚を誓い合った恋人がいるのだが、なかなか結婚に踏み切らず! 先延ばしにしているのには、何か理由が? 改めて最初から観てみると、お雪の兄である伴之丞(火野正平)がネックで、手順を踏んで、伴之丞が反対できないように周りから固めるのだ、みたいなことを権三本人が言ってたね! 2人の濡れ場もあり、今ではお目にかかれない、田中美佐子のチク……! まあこの色男、お雪一途と思いきや、女郎屋で女も買ったり! その上、殿のお世継ぎ誕生のお祝いに、茶の湯を開催する手柄欲しさに、一子相伝である真の台子の奥義と引き換えに、師匠の娘お菊との結婚を了承してしまう始末! う~ん、出世の為とはいえ、お雪はどうするんだよ!? しかしやっぱりそれが間違いの元、真の台子の伝授の巻物を見せてもらっている時に、密かに権三に想いを寄せるお菊の母、おさゐ(岩下志麻)と諍いが起こり、不義密通の濡れ衣を着せられてしまう! 今で言う不倫であるが、当時の武士の不倫はイコール死! 濡れ衣とは言え、言い訳は通じないのだろう、2人は逃避行に! 当時45歳と思われる岩下志麻、美しい! 監督の奥さんなんですね! 年頃の娘の母親でありながらも、若い権三に横恋慕する情念の凄まじさ、色っぽさ! 熟女好きにしかわからぬか?! 江戸時代の色恋沙汰と、その事の顛末を描いた、近松門左衛門の浄瑠璃『鑓の権三重帷子』を映画化したそうだ! 手元の辞書によると、その浄瑠璃の初演は、1717年だって! 1735年じゃないじゃん! まあいいか! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • NUG

    1.0

    ネタバレあり

    DVDのジャケットで。 そうなるまでが長くて長くて

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

ベルリン国際映画祭第36回

銀熊賞(調和作曲)

基本情報


タイトル
近松門左衛門 鑓の権三

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル