ここから本文です

幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬 (1986)

監督
河合義隆
  • みたいムービー 26
  • みたログ 132

3.92 / 評価:48件

DVD化されたので、早速購入

  • mr_nyancyu さん
  • 2011年5月28日 23時34分
  • 閲覧数 589
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

DVD化されたので、早速購入して、久しぶりに観ました。1986年の作品ですから、25年前。四半世紀です。今は60歳を過ぎてしまった人たちが、まだ若かりし頃の姿を見ることができます。
内容は、大河の「龍馬伝」、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」と比較してしまうと、龍馬、高杉の人物像、お互いの関係がかなり異なるので違和感があります。それでも、武田鉄矢が熱演する龍馬が一途に熱く独白するシーン(土佐勤皇党の弾圧、小倉戦争)は壮絶で脳裏に残ります。拓郎の高杉は、お酒を飲んでいるシーンばかりとワンパターンの演技で、ちょっと残念です。高杉の人間としての魅力をもっと描いて欲しかったところです。
全体を通して流れる拓郎の「RONIN」を初めとする音楽は、懐かしく、青春群像に相応しいものばかりです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
  • 泣ける
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ