コミック雑誌なんかいらない!
3.5

/ 129

19%
29%
37%
9%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(23件)

笑える14.8%コミカル13.0%かっこいい11.1%勇敢7.4%不気味7.4%

  • taf********

    4.0

    惹きつけられる

    ストーリーとしては、特に何もない気はしました。何をどう見ればいいのか、一本のストーリーラインはない。 主人公の目的やピンチなんかがない。 多くの映画はそういうストーリーラインが求められ、故にストーリーさえ追えればどうでもいいということで倍速で鑑賞する人が増えている。 本作は全てこのリアル感や空気感を楽しむ作品である。 なので倍速で観ると、クソつまらないでしょう。 優れた映画ほど、与えられた尺が重要だということがよくわかる。 たけし襲来のシーンなんか、倍速で観てみなさいよ。くそほどつまんないですよ。 演出家がどれだけの神経を削らせてワンシーンワンシーンを演出付けてるから。 それを倍速で観るなんて。 そんなつまらない映画を倍速で観て人生を無駄にするなら、本作のような作品を楽しんだ方が良い。好き嫌いはあると思いますが。同じ報道関係系の映画だと ナイトクローラーとかscoopとかがありますが、そっちの方が観やすいかもですね。

  • nobusaburo

    4.0

    ネタバレ言わずと知れた問題作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • par********

    5.0

    ネタバレ現実を突き破って訴えかけるジャーナル批判

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • st1********

    5.0

    今なら「スマホなんかいらない」ってとこか

    主役の内田裕也がいい。ROCK云々という、どうもこの人の歌い手としての印象が個人的には薄く、この人の異彩を放つ持ち味に演技がどうこうと論じる次元を超える魅力を感じる。この作品でもこれだけの異色のキャスティングの中、埋もれることなく存在が保たれている適役といえよう。 ビートたけしが出演しているが、ここでのタケシは、あの凄惨な事件の映像そっくり再現したかのように本物の犯人のような演技とは思えないリアルな芝居で、この数年後にバイオレンスもので監督デビューして脚光を浴びるが、その片鱗を見せている。 この作品の内容と言えば、当時流行りのコミック雑誌なんかいらない程、こんなに世間はわんさかトピックスで溢れているってことで、ワイドショー視点で実際にあった事件や話題のパロディのテンコ盛りの風刺映画といったところか。 それにしても、パロディがまるでドキュメンタリーのようにその事件や話題の当事者が登場するというリアルな作風は、見ている側を飽きさせない優れた手法であった。 内田裕也というと本業から離れたスキャンダルや奇行などでその名を耳にするばかりの昨今だが、この作品は自作・自演だったわけで、こんな問題作を撮れたこの時代が彼のピークだったのかもしれない。

  • ki4********

    5.0

    恐縮です

    内田裕也が芸能リポーター役となり、マスコミのあり方を暗に批判する面白い映画。 久々に見て途中飽きることなく一気に見てしまった。 実際に80年代に起きた事件、芸能ニュースなどもベースにしてて、よくぞオファーを受けてくれたなと思う人も沢山出てくる。今じゃこんな映画作れないだろうなぁ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


内田裕也キナメリ
原田芳雄プロデューサー
小松方正ショウ番組の司会
殿山泰司隣の老人
常田富士男警察の人間
スティービー原田殺し屋の子分
郷ひろみホスト
港雄一ホスト
久保新二ホスト
桑名正博バーの客
安岡力也バーの客
篠原勝之バーの客
村上里佳子バーのママ
小田かおるレポーター
志水季里子キナメリを買う女
片桐はいりホストクラブの女
趙方豪レポーター志願者

基本情報


タイトル
コミック雑誌なんかいらない!

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-