ここから本文です

うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー (1986)

Urusei Yatsura - Lum the Forever

監督
やまざきかずお
  • みたいムービー 2
  • みたログ 164

2.64 / 評価:45件

意味わからず必死に観てた映画

  • 2児母mame さん
  • 2014年7月11日 22時49分
  • 閲覧数 1766
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画を観たのは
小学生?中学?10代前半でした。

2、3、4と連夜放送してて
ビデオに録画して
何度も何度も見てました。

この4はホラーテイストが強くて、
力を失いみんなの記憶から消されていくラムちゃん・・・っという悲しい展開がものすごい印象的でした。

1)ラムちゃんが鬼姫伝説の呪いで存在を消される
2)みんなの夢が凍りついてしまうことで、眠らず戦い続けるみんな
3)ただひたすら走るあたる

この辺が当時の私には
上記の3つの展開に辻褄を合わせることができず、
どうして?そうなるの??
鬼姫伝説の話から
何故夢が凍るの??
走ることで何故ラムちゃんが帰ってくるの??

という感想ではありました。


でもこの不思議な世界観は好きでした。
うる星やつらの原作は観ておらず
映画で観たから?
こういうものなんだなと納得

もともとうる星やつらってなんでもあり?が許される作品だと思ってたからです。

音楽も好きだったし、
映像も好きでしたが、
ストーリーは決して明るくないし
2、3に比べて感情移入はしづらかったです。

暗いけどこの雰囲気が好きだったんだろうな〜。
子供の時引き込まれたそのままの印象でレビューしました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ