出逢い

THE ELECTRIC HORSEMAN

120
出逢い
3.8

/ 26

23%
38%
31%
8%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(7件)

勇敢19.0%かっこいい14.3%泣ける9.5%笑える9.5%ロマンチック9.5%

  • mnk********

    5.0

    癒しの映画。

    今の時代で表現するなら、本作は癒しの映画。 自然に生きていたカーボーイがタレントになり 酒や金に溺れ自分を失っていた矢先、 ステロイド剤を投与されていた名馬を野生に 戻そうとする。 自然保護に関心のあるロバート・レッドフォードらしいスター映画でもあるが、 公開当時はジェーン・フォンダとの恋愛映画でもあり、自立する女性の開放と応援の意味もあった。 シドニー・ポラック監督ヒューマンドラマの傑作。 思いやりに満ち、清々しさに酔う。 ウィリー・ネルソンの音楽が、良きアメリカの自然の匂いを風を奏でる。 時々思い出し、もう十回以上観ているが、懐かしい毛布のようにその温もりに安心する作品である。

  • mic********

    5.0

    男の子は

    いやぁ、映画は好きなんだ、

  • his********

    4.0

    原題は電飾騎手です。

    電飾された峠をこしたロデオの騎手と鎮静剤を打たれおとなしくされたサラブレッドの人間社会からの逃亡劇です。見どころは景色の雄大さと要所要所でかかる、カントリーミュージックです。恋愛の部分もありますが、おまけ程度。なので「出逢い」というのは微妙ですね。ロードムービやネイチャーものが好きな方にはお勧めですね。

  • hechonaps

    3.0

    オトコマエ

    いやぁ、映画そのものは、、可もなく不可もなく。。。 しかし!時代が変わってもオトコマエはやっぱり男前。 イマドキのイケメンとは違う感動が画面から伝わってきます(^_^)v R.Rは小柄とは知っていても小さなお尻とそこから伸びる細長い脚に 鼻の下が伸びてしまいました。 ジェーン・フォンダが今見ると父ちゃんの ヘンリー・フォンダにソックリで驚き~。 ウィリー・ネルソンの歌も堪能できて 目も耳も満足(^o^)/

  • got********

    4.0

    これはれっきとしたウィリーのデビュー作

    ライジングスターが野生に放たれる時のスロー映像に映像の美しさと、デイヴ・グルーシンのバックミュージックの見事なマッチングに感動した映画でした。 実はこの映画はその後少しだけはやったミュージックムービーの走りで、映画全般にウィリーネルソンの歌とデイヴの書き下ろしミュージックが流れ、『アウトロー・孤独・挫折・逃亡』などの感情と場面を見事に代弁しております。 このサントラは速攻で購入し、SONYのメタルテープに録音して約20年間ツーリングの友として使用して来ました。更にMDとなって10年。カーステもHDDの時代となり、はたしてどのようにレコードからHDDに取り込むか?これが問題だ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
出逢い

原題
THE ELECTRIC HORSEMAN

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル