ここから本文です

火宅の人 (1986)

監督
深作欣二
  • みたいムービー 48
  • みたログ 335

3.37 / 評価:110件

家宅って

  • msp***** さん
  • 2017年3月13日 17時51分
  • 閲覧数 2913
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画が放映された頃は子供だったから、見てないけど「家宅の人」ってタイトルがずっと頭に残ってた。。。


大人になった今、冷静に引きで見ると、誠に身勝手な子供おじさんの放浪記。
自分の事を家宅の人なんてカッコいい言い方するなー!


責任とか相手への思いやりなんてこれっぽっちもない。
いい歳した大人が家族や周りを傷つけながらただただ現実から逃避する。


だけど、それがこんなにも魅力的な映画になってるのはまさに深作マジックなんでしょうね。主演の緒形拳の演技力、原田美枝子の匂い立つ色気。
松坂慶子、いしだあゆみもいい味出してる。
2時間あっという間でした。
男性の中に眠る密かな憧れや愚かさを見事に描いた作品。


この時代は男性がこんな風に好き勝手する事が許される風潮だったんでしょうね。


それが出来た壇一雄は、その時代の世の中の男性の憧れ、だから男のロマンって言われるんだろうな。


個人的にはこの時代の作品好きです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ