ここから本文です

必殺!III 裏か表か (1986)

監督
工藤栄一
  • みたいムービー 8
  • みたログ 121

3.75 / 評価:44件

仕事人、金の力と戦う

  • kaz***** さん
  • 2013年8月13日 22時54分
  • 閲覧数 1250
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

別件で訪れた両替商の枡屋が同心殺しの下手人では無いかと疑いを持つ主水。
邪魔者は消せとばかり畳み掛けるように襲い来る刺客達。
ある時は複数流派の免許皆伝を持つ主水ですら追い込まれるほどの殺し屋。
色仕掛けで懐に飛び込み、自殺により同心の不祥事として追い詰める女。
不祥事の責任を取らせる為に切腹を迫る上司。
さらには「汚名」を「挽回」させる為に立て篭もりの現場へ単身突入させられる。
「こんな事じゃ俺は死なねぇよ」
理解者を装った同僚に誘き出され囚われる主水。
絶体絶命のピンチに現れる仕事人達。
周り中敵だらけで逃げ場の無い島で死を覚悟した仕事が始まる・・・

テレビの「必殺仕事人V激闘編」の真の最終回で仕事人組織の崩壊が描かれる。
ゆすりで「金」を脅し取っていた同心の死から始まり、「金」で雇われた殺し屋に狙われ、「金」で雇われた女が自殺に見せかけ殺される。
的となる両替商と「金」で繋がっているであろう上司から不祥事の攻めをおう。
普段金で人を殺している仕事人が金に殺されるような脚本は皮肉とでも言ったところでしょうか。
後期必殺シリーズでは少ない主要メンバーの死も描かれ前期シリーズでの「金で人を殺す悪人の末路」なイメージに近いハードな内容。

不祥事を起こした主水に対して普段と変わらずに迎えるせんとりつ、狙われる主水を影ながら守る政・竜・壱・参そして事件の裏で愛する人を失った秀。
中村主水をストーリーの中心に据え家族や仕事人同士の絆も見所の一つ。
最後の死闘も含め役者さん達の迫真の演技により見応え十分な作品に仕上がっていると思います。

ゴチャゴチャと書き込みましたが要するに「仕事人かっこいいっすわ」←これに尽きます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ