レビュー一覧に戻る
ザ・ショックス 世界の目撃者

どーもキューブ

4.0

私のトラウマドキュ。日本産ザショックス

1986年、製作東和プロモーション、日本テレビ。監督内田健太郎。音楽八木正夫。ナレーション、矢島正明、熊倉一雄。 私の個人的なトラウマ映画体験を中年になり確認鑑賞するシリーズ。 今回は、これまた「金曜・水曜ロードショー」で普通に放映されていた、過激映像連発ドキュメントシリーズ 「ザ・ショックス」 こちら、製作が日本だったんです。改めて気づきました。 先日見てその「そのまんまデス(death)」映像に「参りました」で鑑賞ストップした「ジャンク」シリーズ と私の 中の対ホラドキュをなす私の中のトラウマホラーであります。 だってこういうのを中学、高校で、夜に普通に放映していて、見たりしたら良い影響あるわけないよなぁみたいな。 という事て゛ この「ザショックス」シリーズも「ジャンク」シリーズ同様大ヒットしまして、 シリーズ4作品製作されてます。 いわば日本が作った「ジャンク」シリーズ(新を含め5作品)です。私のビデオ屋にかろうじて4作品全てありました(廃棄近し) はてはて「何が違うのか?」バップビデオ鑑賞となりました。 まさしくジャンクシリーズを日本人が ニュースソースから素材チョイス プラス演出的エロス、笑いの映像を足したショックスドキュメント、ショクドキュになっていました。 「ジャンク」より見やすく、微量な感動も感じちゃいました。 いくつか覚えているシーンもありました。 鹿が急な断崖絶壁の崖をてっぺんから飛び降り、ジグザグに地上まで落ちながら飛び移る映像 電気椅子の映像。 これ資料本によるとアメリカのモンドドキュメントフィルム「ディスイズアメリカパート2」からの転用だそうです。劇中では「地下組織からの映像です」みたいな触れ込みで紹介(笑) とうとう。 冒頭自由の女神の泣き顔演出から 火災 テロ 暗殺(有名なケネディ大統領の暗殺映像など) 事故 暴力 自然災害 スタント スポーツ事故 犯罪現場 など数珠つなぎに矢島さんの冷静なナレーションで繋ぎます。矢島さんの声がまだ若いです。 音楽は、八木正夫さんで、「怪盗ルビイ」から「不良番長」「網走番外地」の八木さんで、なかなか良いです。ラストの女性ボーカル弾き語りの歌もアーバンピース曲で良かったです。 その合間の箸休め映像に エッチ映像 お笑い映像 を熊倉一雄さんの弁士によりユーモラスに展開。 勿論結構グロいものありますんで注意喚起。 印象的なショクドキュ場面いくつか 自然災害(洪水)救助のリアルな浮き輪が届かない救助 米国トーク番組の殴り合い 闘牛ロディオの人形のように揺さぶられる人間の姿 山をスキーで下る男、いつのまにか転んでころげまわる。 洪水で救助を待つ少女の美しい笑顔。死。 火災、飛び降りる人、人、火。 人間のはかなさ つらさ 愚かさ 残念残酷さ 少なくとも冷酷すがるそのまんまジャンクのような「ジャンク」シリーズよりも、日本人が演出した「ザショックス」の方が微量なあたたかみ、みたいな包括的良さを感じました。 ジャンクの無機質で冷たい配合、映像羅列よりも、、、。 もし、見れたらごらんください! さて 私のトラドキュザショックス 日本産ザショックスでございました。

閲覧数3,784