レビュー一覧に戻る
人間の街 大阪被差別部落

ボンベ鐘

4.0

ネタバレ水平社は良い意味でホントに“水平”

『まとまりがない』と他のレビューにもあるが、 インタビュー部分が非常に長く、言ってしまえば“冗長”だからだ。 それは多分、監修した全国水平社がインタビュー部分の“編集”を禁じたからだろうが、 逆に言えば、水平社側にとっても都合の良い様になってない訳で、なので非常に水平=公平、な内容になっている。 映像的には、 掴みが『郵政省時代の“同和枠”問題』、 締めが『見た目が如何にも“輩”なおじさん』と、中々に“エキセントリック”である。

閲覧数416