ウインダリア
4.0

/ 33

42%
33%
15%
3%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(7件)

悲しい21.7%泣ける21.7%切ない17.4%絶望的8.7%ファンタジー8.7%

  • gur********

    5.0

    レダの仇をウインダリアで討つ

    副題は童話めいた戦史 ストーリーは小学生から中学2年向け 視聴年齢は高校2年まで 興行的には監督があんなに苦労して作ったのに劇場公開は一瞬で終わってしまったと嘆いた打ち切り映画であり 映画誌、アニメ誌の批評欄ではこんなものを映画と名乗って制作し劇場公開するなと袋だたきに酷評され制作会社は年内に倒産した事実が示すように 大人の鑑賞・批評に耐えられるものではない それでも適齢期にみた少年少女にだけは鮮烈な印象を残したようで 「ナウシカ以上」という当時としてはタブーな評価の投書がアニメ誌に相次ぎ 某アニメ誌ではラピュタを抑えて86年アニメ1位に選ばれたことなどは かつて宮崎に「ナウシカが受けたからと言ってもっと目の大きなもっと半裸の女の子が意味もなく異世界で刀を振り回すOVAができてしまった」と事実無根のパクリ疑惑で罵倒されたスタッフたちにとっては最後で最高の勲章となったことだろう 少年少女のうちに出会っておけば人によっては一生ものの感動を得られることもあるという作品 日本アニメ史上の傑作ナウシカ、ラピュタにかつて正史に残らないささやかな大番狂わせをやってのけたアニメがあったという歴史的評価で星5に

  • hwa********

    5.0

    この上なき素晴らしい作品

    多くは語りませんが、この作品に出会えて良かったの一言です。 一度観て全ての答えをただ求めるのではなく、作中のテーマやメッセージを理解しながら二度三度と何回も観ることにより面白さ(痛々しさ)を得られる作品なので、観る機会がある方は是非オススメしたいです。

  • gra********

    5.0

    一度見て欲しいです

    現代の基準からすれば粗があるかもしれませんが、アニメをみて考えさせらせた初めての作品でした。 ハッピーエンドや、胸のすくカタルシスはありません。ただ、皆が一生懸命に生きてきた結果が、ハッピーではなかったこと。 ウィンダリアの木が、幸せな記憶を〜という部分を理解できたのは、大人になってからでした。 30年程昔でしたが、この作品に触れたことを、つい昨日のことのように思いだせます。

  • zzr********

    1.0

    今時分見ると・・・粗が凄いなぁって感じた

    各キャラの内面とかは描かずに 悲劇的な出来事を並べていくだけで 客の涙腺を緩ませようとしてるなぁと感じたですわ 当時としての作画はまぁ評価するとしても 話がほんと何だかなぁというレベルに思えた作品 農夫夫婦の行動は肯定できるが 王女王子のカップルは馬鹿ですかいと思ったわ 教育受けてないの?って感じだった・・・・ いろんな意味で悲しいわ

  • ブレネックス

    4.0

    約束

    そうかぁ、もう30年も経つんだねぇ。(^_^;) 前知識も期待も無く、たまたま見たんだけど、マジメで良い映画でした。 もっと評価されて然るべきだと思う。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ウインダリア

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-