ここから本文です

天空の城ラピュタ (1986)

LAPUTA: CASTLE IN THE SKY/LE CHATEAU DANS LE CIEL/Castle in the Sky

監督
宮崎駿
  • みたいムービー 212
  • みたログ 1.9万

4.56 / 評価:3952件

気持ちいい冒険活劇とドラマ性ある音楽

  • my******** さん
  • 2020年6月22日 16時02分
  • 閲覧数 331
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

時代背景を見せてくるオープニングが素晴らしい。語らずとも絵で見せてくれる演出はそれぞれに考察させてくれる余白を与えてくれて深さも感じる。

ストーリーは冒険活劇と勧善懲悪に徹していて子供が夢中になる要素ばかり。ジブリ作品としてみればメッセージ性はそこまで強くは押し出していないが、冒険の中に勇気、友情、優しさ、愛、そして人間の醜さなど多数の要素が上手いこと散りばめてあって、説教臭くならずにダイレクトに伝わってくる。流れも難しい事はなく様々な観客のニーズに応えた作品でもあると思う。

個人的には三つ巴の構図が好きで、ドーラ率いる窃盗団が大好きだった。2つの勢力が物を盗むという同じ目的の集団であるからこそ、ドーラたちの心の豊かさが際立っていた。ラピュタでのクライマックスでももっと大きな役割を担って欲しかったな…。

もう一つ好きなのが、ハラハラ感。全編通して「落ちそう」な演出が多く手に汗が。パズーの身体能力の高さには度肝を抜かされる。

ただ一つ疑問に思うのは、ジブリには珍しく完全な悪役がいる作品だけにムスカの動機が気になってしまう。彼のやりたい事は分かるのだが、その先に何を欲しがっていたのか…。

気持ちのいい冒険活劇でありながら、切ない気持ちにさせる壮大で素晴らしい音楽をマッチさせた手法で、ドラマ性がぐーんと上がった作品。今作は「千と千尋の神隠し」に通じる要素が多く含まれていた。間違いなく嫌いな人はいないし、ジブリに興味のない人にとってもとても見やすい作品であると思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ