キネマの天地
3.7

/ 192

21%
34%
36%
7%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(39件)


  • e51********

    4.0

    ネタバレ寅さんファミリーに支えられた作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kaz********

    4.0

    映画は見た人の人生を変えてしまうほどの力を持っている

    サイレント映画の時代、映画館の売り子をしていた小春は、映画監督に声をかけられ撮影所に行く。演技も何も知らない小春は初日に失敗し撮影所に行くのをやめた。その小春を迎えに来たのが若い助監督の島田だった。誠実な島田に励まされ再び撮影所に通い始めた小春は周囲の人の援助で成長していく。島田は、監督の小倉に言われてツルゲーネフを素にした『浮草』の脚本を書きあげる。その映画の主演を予定していた川島澄江が失踪。代役が小春に回ってくるが、恋人の愛を本心を隠して断わるシーンが演じられない。落ち込んだ小春に父の喜八は・・・・・・・。 映画館の売り子からスターにのしあがる女優のサクセスストーリーだが、涙なくして見られない素晴らしい感動作だ。山田洋二ワールドならぬ『男はつらいよ』一家の勢ぞろいで楽しめる。なんと小春の父親・喜八役を渥美清が、隣家のおば役を倍賞千恵子が演じている。もうそれだけでうきうきする。 ラスト近く、恋人を好きながら結婚を断わるシーンで監督からOKをもらえず泣き出す小春に、旅役者だった喜八は亡くなった母との結婚のいきさつを語って聞かせる。撮り直しのシーンは監督の意図に反したものになったが、監督は「あほう。」と言って満足する。親子の絆に刺激を受けた小春の渾身の演技が成功を収めた瞬間だ。このシーンは好きだなあ。涙が次から次に溢れてきた。 ああ、映画っていいものだな。

  • p40********

    5.0

    ロケ地が横浜能見台だった

    この映画を製作した約10年後には、松竹大船撮影所も衰退し 鎌倉シネマワールドのしっぱい(3年で閉鎖)その後大船撮影所 あとに鎌倉女子大が入る、中井貴一は大船撮影所前にあった飲食店の 娘さんが母親、何かと松竹には縁が深い、蒲田アプリコ前には 映画に使われた松竹橋のレプリカがそのまま展示されている 田中こはるは、(田中絹代)松竹映画の歴史を忠実に再現している ロケ地は大船からさほど遠くない、横浜市金沢区能見台 30歳前後の人が見たら、かったるい(昔のテンポの遅い)映画と 思うのは、至極当然と思います、松竹映画の歴史を学習してから もう一度見ると、映画を見て情景が思い浮かべれば、違った感想 になるのではないか?  JR京浜東北線の蒲田駅の発車のメロディーは 蒲田行進曲

  • tas********

    5.0

    ザ・昭和

    さすが山田洋次監督の映画。 寅さんオンリーかと思ってたらしっかりした別の物語になってる。 小春のシンデレラストーリーに重きを置いていて、新人の有森也実の演技はまあ良しとして父喜八役の渥美清が本当に良かった。泣けた。 娘を思う喜八さんとクズ屋の兄さんとのやりとりは笑えたけど愛があった。

  • fiv********

    4.0

    色々な思いや話題がいっぱい詰まった作品

    この作品は、ライバル会社東映出身の深作欣二監督によって同じ松竹蒲田撮影所を舞台にした「蒲田行進曲」が大ヒットしてしまった無念を晴らすべく、松竹大船撮影所50周年記念に松竹映画関係者によってもう一度蒲田撮影所を舞台にした作品を作る運びになったらしい。 当時松竹映画の看板作品「男はつらいよ」を手掛ける山田洋次監督にメガフォンを撮らせてキャストも寅さんとさくらを起用すると言う入れ込みよう。 しかも、テーマ曲には蒲田行進曲を採用して松竹の意地の一本で「蒲田行進曲」に肩を並べるくらいの名作に仕上がっている。 またこの作品の最初の主人公は、藤谷美和子さんだったが途中降板して新人の有森也実さんが大抜擢された事で映画のストーリーとかぶり話題になった。 色々な思いや話題がいっぱい詰まったこの作品をまだ観てない人には是非観て欲しい。

  • ame********

    4.0

    松竹映画黄金時代へのオマージュ

    渥美清ホント良いなあ死ななくても良かったよな 有森也実は演じている田中絹代モデルの田中小春のその役柄そのものの初々しさね 日本映画の黄金期ね 山田洋次の想いあふれる良い映画だったなあ

  • abu********

    3.0

    オールスター

    いやはや、、、、なんという豪華俳優陣。当たり前ですが、みんな若い! そして亡くなられた名優も何人も出演していて、 もう二度とみられない錚々たるメンバーですね。 映画ファンのために作られたのかなと。 昭和初期、映画が活動写真とも言われていた頃。 その当時の芸能世界に想いを馳せることができる良い作品でした。

  • tos********

    3.0

    だぶるが指向が違う

     活動小屋の売り子だった小春は、松竹の監督にスカウトされ女優となる。元役者だった父や脚本家を目指す島田が、小春を支える。小春が、端役から主演女優を演じるまでの成長を描く。  何人かキャストもかぶってる「蒲田行進曲」と混ざってしまいます。蒲田行進曲は物語中心だったのに比べ、こっちの作品は活動写真への懐古が中心かな。寅さんファンにとっては、準レギュラー(出川も)も含めて多数出演しているのが楽しいです。津嘉山正種の出演があれだけだったのは笑えます。”マルクス”のシーンはウケを狙ったが、わかりにくいだろうな。

  • mao********

    5.0

    懐かしい方々

    子供の頃よく見た顔ぶれの懐かしい方々が勢ぞろい。中井貴一やマチャアキが若いこと!松坂慶子の美しさ!笠智衆の日本のおじいさん感! ストーリーよりも昭和の初め、映画の初期、松竹の初期はこんな感じだったんだよ!っていう記念、記録的な内容でしょう。それでいいと思います。本当にオールキャストで、ちょい役やわき役だけれども、それぞれの俳優さんの力量や存在感を確認する映画だと思います。 若い人には知らない人ばかりで面白くないかもしれませんね。

  • NUG

    1.0

    ラストはいいんだけど

    コメディなのかシリアスなのかよく解らず、折角のラストへの盛り上がりに欠ける。

  • ski********

    5.0

    見ごたえ十分の作品

    11/22。NHKのBSプレミアムで鑑賞。初鑑賞。 人々の娯楽の中心が映画であった、日本映画黄金期を 公開された86年当時のオールスターキャストで描いた超大作。 松竹映画ゆかりのスター俳優・監督・芸人が一堂に集まった作品。 実に見応えがある。 今では著名になった映画のバイプレーヤーやお笑い芸人も 当時は若手で、この映画の端役で出てるのを、見つけるのもなかなか面白い。 ラストも納得。うまく映画として綺麗にまとまったな、という印象。 ただし、主役は、降板した藤谷美和子で見たかった、というのが率直な思い。 初見でしたが、なかなかよかったです。

  • yashinoki

    4.0

    傑作です

    これは 傑作です。 映画 本来の味がありますね。 今の時代、若者は理解出来ないのかなー?

  • old********

    4.0

    (*^^*)

    (*^^*)

  • jol********

    2.0

    どうしてこんな駄作なのか

     山田洋次がよくわからない。  『男はつらいよ』シリーズは、当たり外れもあるにせよ、やはり良くできているのに、それ以外の映画で、心底面白かったものがほとんどない。コメディだって、『幸福の黄色いハンカチ』がまあまあであったほかは、笑った記憶がない。  この映画も、「あの人も出てる、あの人も」と、端役に至るまで名の通った役者を使いながら、ダルい脚本(山田太一も入ってるのに!)、幼稚な芝居、安易でセンチメンタルな音楽、ダルい劇中ドタバタコメディ、スタジオ感丸出しのセット、などなど、こちらが気恥ずかしくて我慢できなくなってくる。  渥美清と笹野高史の絡みのシーンだけ、たぶん浪曲の『清水次郎長伝』中の「石松代参」で、森の石松が「江戸っ子だってねえ、寿司食いねえ酒飲みねえ」とやるシーンのイメージでやってるんだと思うが、やっぱりよくこなれていてニヤニヤ笑ってしまったが、あとはもうアクビが出て仕方ない。  そりゃまあ、これが松竹大船撮影所50周年記念作品だったのだから、日本映画の衰退も宜なるかな。

  • you********

    5.0

    文句なし

    この映画については、私ごときが評価するものではないでしょう。 一つだけ言えば、主役の有森さんが、若干弱いですが、 藤谷美和子さんの代役だった・・(映画を地で行く!)ので、 それも仕方ない部分はあるはず。 それにしても、渥美清、の「凄さ」。 それだけのこの映画の価値はありますね。 「ライムライト」へのオマージュ、 つまり「チャップリン=渥美清」と考えている 山田監督の「リスペクト」でもあったのでしょう。 日本映画は「こうでなくてはならない」の典型作品。 必見。

  • tai********

    5.0

    ネタバレ「リアルに行けばそうなんやけど!」

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sss

    2.0

    2013/10/12

    3点。普通でパッとしない。

  • ごぉ

    4.0

    松竹の人間の手で蒲田撮影所を映画化したい

    1986年、松竹大船撮影所(1936-2000)の50周年記念作品。 大船撮影所が出来る以前、かつて東京に存在していた松竹の映画スタジオ(1920-1936)蒲田撮影所を映画化したい。 町工場にあった蒲田撮影所。 1934年、時代はサイレントからトーキーへ。 町工場の騒音は、映画撮影に差し障るため、撮影所移転が決定された。 蒲田から、大船へ。 そんな時代の物語。 (松竹ではなく)東映出身の深作欣二が「蒲田行進曲」(1982)を撮った。 松竹の人間で、松竹の歴史を映画化したい。 映画が、活動写真と呼ばれていた時代。 シネマが、キネマと呼ばれていた時代。 サイレント(無声映画)からトーキー(音声が出る映画)への変遷。 そんな時代の物語。 現代、松竹系列の会社、松竹マルチプレックスシアターズが運営する映画館(MOVIXやピカデリー、神戸国際松竹など)で、映画を観るときには、「STOP!映画泥棒」の前に、 映画ってたのしーねー だからシネマっていうのかなぁ どんなときでーもー どんなひとでもたのしいよー とカバがのんきに歌います。 映画って楽しいから、シネマって言うんです! 20世紀で10本の指に入ると言われるイタリアの映画監督、フェデリコ・フェリーニはこの映画「キネマの天地」(1986)をきっと観ている。 イタリアの映画撮影所チネチッタ創立50周年を記念した映画が、「インテルビスタ」(1987)。 彼の「インテルビスタ」を初めて鑑賞した時には、正直「これって…キネマの天地じゃん…」って思ってしまった。 そんくらい日本だけでなく、映画界に影響を残した映画だと思う。 「ニュー・シネマ・パラダイス」(1989)とはまた毛色が違う作品になっている。 豪華過ぎるキャスティングはここで触れるまでもないだろう。 そりゃあそうだけど、みんな若い。 当時は派手だったのだろう、ダンサー役の木の実ナナが、今現代でも違和感なくモダンだ。 端役で出川哲朗も、江戸はるみ(エド・はるみ)も出ている。 みんな若くっても、表情や雰囲気が変わらない。 飛びぬけて秀逸なのが、 これも言及するまでもないかもしれない、喜八っさん。 渥美清 である。 彼のことをずっと観ていたくもなる。 1934年。 今の映画界は物足りない。 映画ってのは、もっと可能性に溢れているはずだ。 くだらない映画に、みんな泣いたり、笑ったり。 そんなこたあないだろ? 君だって映画に携わっているんだ。 僕は、映画で感動した。 もっと大衆に責任を持ってくれよ。 大衆に責任を持つとはどういうことですか? 僕は、観終わった後で、人生が変わるような。 そんな映画をつくりたい。 ここで笑え! ここで泣け! それが映画なんですか? どうして映画のことを、やさしく見てやれないんだ。 どんな下らない映画にも、可能性があるはずだ。 もっとやさしくみてやれよ。 信じろよ。 映画を。 君は素晴らしい仕事をしているんだぜ。 虹の都 光の港 キネマの天地~~♪ 作曲家ルドルフ・フリムルの曲が流れるだけで、懐かしさがいっぱいになるこの作品。 年末年始に、なんかぴったりな作品なんです。 クリスマスにもあうかもよ。 rakuten rental DVD

  • the********

    4.0

    映画って本当にいいですね!!

    今 WOWOW にて観賞、山田洋次監督は、ヤッパいいわ!! 最近 邦画が元気と言いますが、何か、内容があまり無いような作品が多いです、 かと言って、ハリウッドも CGだよりの所があります、 23年ほど前の映画ですが、脚本がいいね、 映画作りにかける情熱がよく伝わります。 昔は脚本部まであったんだ。 山田組の 渥美清 倍賞千恵子 前田吟 吉岡秀隆・・・ 他にも ハナ肇 笹野高史 岸部一徳 なでおさみ 柄本明 桃井かおり 堺正章 松阪慶子などなど 豪華でしたね~ 他にもいっぱい出てます、クレジットに 出川哲朗の名前ありましたが・・・  あとこの人 特別出演で 藤山寛美 この人大好きです ワンシーンですが、存在感あります。 皆さん演技うまい、たまには、こんな日本映画もいいのでは、じっくり観ましょう。  映画は 監督 役者 脚本 三位一体でいいものが出来ると思います。

  • wak********

    1.0

    山田洋次は過大に評価されている

    山田洋次は演出・画面構成など全てにおいてベタであると思う。 『こだわりが無い』というか『センスがない』というか『残念』というか『そのまんま』というか…。 この作品においてもそうであった。 しかしこの作品でも渥美清の演技は素晴らしい。これは山田洋次の演出とかではなくて渥美清自身が持つ『間』であり『表情』であり『テンポ』でありまさに彼の演技によるものだと思う。渥美清を自由にする演出と言えば演出になるのか…。小春のことを褒めるゴミ屋の笹野高史とのやり取りなど圧巻である。国民栄誉賞も納得の日本が誇る喜劇役者である。 一方山田洋次監督の画面構成のベタさは、悲しささえ覚える。寅さんでも『とらや』での適当な画面構成にも毎度驚かされたが、本作でももうちょっと気を遣って頂きたいと思えるカットのオンパレードであった。画面の手前で、偽物ぽい桜の木から桜がパラパラで舞わせて春のイメージですよって、貧困な春のイメージだと思いませんか。 この作品の脚本に山田太一氏が並べられていたが山田太一らしさはどこにも感じませんでした。山田太一と山田洋次は間違えられることが多いが太一氏はその作家・脚本家としてのこだわりは一流であることは間違いありません。 寅さん=渥美清によって奉り上げられた山田洋次は「俺、ホントはセンスないのにこんなに褒められちゃっていいのかな…」と困惑しているのではと思います。困惑して頂きたい。

1 ページ/2 ページ中