ここから本文です

キネマの天地 (1986)

監督
山田洋次
  • みたいムービー 23
  • みたログ 461

3.57 / 評価:145件

文句なし

  • 元気に映画好き さん
  • 2016年3月5日 7時04分
  • 閲覧数 1964
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画については、私ごときが評価するものではないでしょう。

一つだけ言えば、主役の有森さんが、若干弱いですが、
藤谷美和子さんの代役だった・・(映画を地で行く!)ので、
それも仕方ない部分はあるはず。

それにしても、渥美清、の「凄さ」。
それだけのこの映画の価値はありますね。

「ライムライト」へのオマージュ、
つまり「チャップリン=渥美清」と考えている
山田監督の「リスペクト」でもあったのでしょう。

日本映画は「こうでなくてはならない」の典型作品。
必見。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ