レビュー一覧に戻る
南へ走れ、海の道を!

syu********

4.0

沖縄の印象を最初に強烈に残した

主演は若き日の岩城滉一、殺された弟が柳葉敏朗、ヤクザの親分が室田日出男、ヤクザの幹部に萩原健一、そいてこの作品でデビューした安田成美、と多彩な顔ぶれでした。主演は若き日の岩城滉一、殺された弟が柳葉敏朗、ヤクザの親分が室田日出男、ヤクザの幹部に萩原健一、そいてこの作品でデビューした安田成美、と多彩な顔ぶれでした。当時松竹の奥山和由さんと組んで仕事をしていたショーケンは、奥山さん製作の本作品に「友情出演」のクレジットで短いシーンの出演です。でも、実にインパクトありました。 まるで古い洋画のアクションシーンと日本のヤクザ映画を同時に見ているかのような、映像の無国籍さ。沖縄の青い空、白い雲、白い砂浜の海岸。そして日本の夜の繁華街の喧噪。それら全てが、岩城滉一扮するしなやかで鍛え上げられた肉体を持つ兵士の行動とマッチしていて、背景さえも話のうちに入っているかのようだった。

閲覧数2,737