133
道
4.1

/ 26

38%
42%
12%
4%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(7件)

切ない28.6%悲しい23.8%泣ける14.3%セクシー4.8%勇敢4.8%

  • nao********

    5.0

    泣ける

    大型免許を取得しようと思ったキッカケになった映画。仲代達矢がシブイ! 現実ではトラック運転手とドライブインのウェイトレス?の恋愛はないと思うけど…。個人的にはトラックの走行シーンで流れる音楽が好き。(大阪へ向かうシーン、「新潟廻って境港だ」の後のシーン、砂浜で柴田恭兵がトラックで旋回するシーン)

  • unc********

    4.0

    ぜひDVD化して下さい

    ストーリーはどこにでもある展開。 出演している俳優たちがそれぞれの持ち味を十分出している。 特に藤谷美和子の切ないバカっぽさがとても良い。 何故DVD化されないのだろう。

  • yya********

    4.0

    泣いてくれ!これぞ隠れた名作(だと思う)

    ここでもほかでも、この作品のレビューを見たことがない=おそらく評価が低いのだろうけど、個人的にはなかなか感動した記憶がある。 ジャン・ギャバン、フランソワーズ・アルヌール主演、往年のフランス名画「ヘッドライト」の翻案ものだが、 その原作となったセルジュ・グルッサールの「しがない人々」というタイトルがまさにぴったりの内容。 人生と生活に疲れた初老の長距離トラックドライバーと、ドライブインに勤める薄幸のウエイトレス。 互いに心の安らぎを見出し、いっときはかない夢を見る2人だったが・・・というお話。 脇を、若山富三郎、柴田恭平、三田佳子、長門裕之、池内淳子、地井武男らが固める豪華キャスト。 また、テーマ曲(?)のマイナー調シャンソンが、やるせなく切ないストーリーを守り立てて印象的だった。

  • ざわたけさん

    5.0

    最高の作品

    長距離トラックドライバーを主人公にしロードラブロマンスムービー 音楽もいい 必見の価値あり

  • hir********

    4.0

    美和子ファンは、この作品を忘れない。

    いや~、今ウチの近所を、イモトアヤコ(誰?)が、駆け抜けていったそうです。 台風が来てるのに走らせるなよ! まったく、ひどいもんですなぁ・・・。 さて、本日の天気の酷さもあって、自民党が大敗だそうです。 酷すぎたもんな・・・今までが・・・・ さて、レビューと行きましょう。「道」です。藤谷美和子です。 フランス映画「ヘッドライト」の和製リメイク版。 「ヘッドライト」を観ていないので、較べようがないんだけどね。 ただ、当時の藤谷美和子は、「アイドル」だったからね、 「アイドル映画」として観に行った記憶があります。 ただね、もっと、もっと、抑えて演出して欲しかった。 ベッドシーンも、柴田恭平が死ぬのも要らない気がする。 「人生」を描くってのはさ、 なにも死や、セックスなんて、インパクトを入れなくても 淡々と描いていく中で、自然と、その情感が浮かび上がってくるものだと思う。 それが、出せないのなら、それは監督の「力不足」以外のナニモノでも無い。 藤谷美和子以外は、正直言ってミスキャスト。 いっそ、若山先生が相手の方が、泣けたかも知れない。 それとね、初老の男と、若い娘が「愛し合う」までのプロセスが雑。 この手の恋愛ものは、プロセスこそ「命」なのに、リアリティまるで無し。 トラックの中で、50過ぎた男が「キス」なんかしないでしょ。 唯一の救いは、藤谷美和子の「はかなさ」。 コレには、お父さんグッと来ました。 ラストシーンの、あの「せつなさ」・・・藤谷美和子だからこそです。 DVD化、切に願います・・・

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル