ここから本文です

めぞん一刻 (1986)

監督
澤井信一郎
  • みたいムービー 4
  • みたログ 61

2.67 / 評価:14件

実写版は無理ありすぎです。

僕の趣味として映画のラブロマンスものも漫画そのものもは好きではないんですが、この"めぞん一刻"だけは特別に大好きでした。
しかし、原作の雰囲気を醸し出しているのはテレビシリーズのアニメだけで、実写も映画版アニメも、先日伊東美咲版で放送されていた2007年リメイク版も、やっぱりダメダメ。
何というか、2時間程度の尺では日常の流れを感じることが出来ないんですよね。
めぞん一刻の魅力は、同じアパートに共生している半家族的な感覚なんだと思います。
本当に人を好きになったり、信頼したり、競い合ったりすることって2時間の中ではムリですよね。だから映画では難しいんじゃないかな~と振り返って思った。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ