ここから本文です

時計 Adiue l 'Hiver (1986)

監督
倉本聰
  • みたいムービー 9
  • みたログ 50

3.47 / 評価:15件

”フィギア”題材の作品。早すぎた映画化。

  • kananopapa さん
  • 2010年2月21日 22時13分
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

最近放映中で携帯のCMからまた懐かしい曲。
金子由香利氏の”時は過ぎてゆく”。
本作の音楽に使われた為覚えていてCMの内容より本作の方が思いが強いです。公開時もTVでこの曲と共に宣伝されてましたし劇場でも観ました。

ご存知、倉本聡氏の作品で恋愛抜きの和製”アイスキャッスル”という所でしょうか。昔も今もフィギアやスケートを題材にした作品は少ないです。第一、滑れる俳優がいないし更にフィギアとなれば尚更です。
コーチ役のいしだ氏は元スケート選手なのでいいとしても主演の中島氏はスゴーイ!と今では思います。最も、今はたけなわのフィギアでメジャーなスポーツになったからかも知れませんが・・・。

フィギア選手の苦闘を倉本流に作品化されておりますので感動しない訳がありません。同氏の作品は良いんだけどちょっと根暗で、切なくて苦手という方も先に受け入れてご覧になれば本作は私同様の感想になると思います。それに出演者も名の通った俳優陣がサポートしており大作でもないのに当時も今も珍しいのでは・・・。先の金子氏の音楽と相まってかなり良いです!(ユーチューブで見れます)

新進のカーリングを題材にした映画は近年作られておりますが本作のような冬季オリンピックの華のフィギアがないのは残念です。DVD化やリメイクでもすればヒットすると思うのですが・・。
でも私のような古くからの映画ファンとしては好きな人だけ本作をそっとしておいて貰った方が良いかも・・とケチな考えも一方では頭に過ります。
冬季オリンピックたけなわですが”アイスキャッスル”同様本作もご覧になればメダルを取れた、取れなかった選手達本人やそれをサポートするコーチや家族の”努力”がきっと再認識される筈です!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ