ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲
3.6

/ 76

22%
37%
28%
9%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(10件)

笑える26.7%コミカル20.0%かっこいい13.3%勇敢13.3%楽しい13.3%

  • shp********

    3.0

    コメディっぽい作品

    ................................................................................................ 桜ヶ丘と揉める、リョウ達とも揉める。で結局勝利。 ................................................................................................ なんかコメディみたいな作品やったな。 ぶっ飛ばされて飛んで行ったり訳わからん爆発が起こりまくったり。 まあそれなりにはおもろかったけどな。

  • drm********

    2.0

    バカだなー。

    アメリカにはバカ映画をバカと思わず作っているマイケル・ベイ監督がいらっしゃいますが、さしずめ、日本であてはめると、この監督になるのではないでしょうか? 大真面目に撮っている感じがするので、っっこみ辛い… しかも、奥さんもそろって… 話なんてあってないようなもの。 とにかく悪役のインフレ状態を1時間半かけて見せると。 この積み重ねが『デビルマン』というトンデモ作品を生み出す原動力となったんだーと妙に納得。

  • nyj********

    4.0

    明るい不良を描いた楽しいアクション映画。

    陰湿さが全くない不良達の学園アクション映画。中村トオルはかっこいい。宮崎萬純のスケバンも妙に色気を感じる。古い映画だが結構、今観ても楽しめる。勝気な中山美穂ちゃんもオープニングにチラリと出てきます。美穂ちゃんが出ない分だけ小粒な映画になってしまっているかも。

  • ジョアン

    5.0

    実写だからいい!

    こんな時代があったのが懐かしい。古き良き時代やったなー!平成生まれには理解できんやろな(笑)♪

  • soc********

    4.0

    中山美穂はいなくとも…

    前半は桜ヶ丘の腹巻とのやり取りがコミカルに描かれ、中盤からはゲームセンターにたむろする不良グループとの対決にハラハラする。 小沢仁志が前川新吾役で復帰、どうみても高校生には見えません。 五中の鬼姫翔子には五十嵐いづみ。当時からなんかパッとしなかったのを思い出す。中野みゆきのほうがよかったな。 翔子がヒロシに友達(小沢なつき)を紹介しようとして、のぶおを気に入ってしまった時のヒロシの怒りを抑えながらのリアクションが当時ツボでした。トオルのヒロシの見たことのない一面を見ての表情と宥め方とか、改めて観てもこのシーンが1番好きですね。 ビーバップは回を重ねるごとに段々つまらなくなってった記憶でしたが、改めて順に観ていくとこの3作目は充分面白いです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-