ちょうちん
4.1

/ 70

50%
27%
14%
4%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(6件)


  • tka********

    5.0

    美しい二人

    陣内孝則はこの頃が一番かっこいいし、石田えりはこの頃が一番奇麗だと思う。 学生の頃、この作品を見たがこの後この二人が一度も共演しないとは思わなかったな。 極上空間とかで一度くらい再会して欲しかったな。

  • sum********

    5.0

    エヴァンルーリーさんの音楽が最高です。

    DVD化していただきたい作品 ナンバーワンです。 陣内さんの演技が冴えわたっています。 バンドネオンの甘く物悲しいBGMが 物語を引き立てます。 全編が心地よいテンポの作品で 陣内さんの魅力が完全に 引き出されています。 陣内さんの入浴シーンで 恋人の子供が 陣内さんの背中の刺青を 消そうとするシーンが 印象的です。 元おニャン子の新田恵利さんも 愛らしい妹役で 出演していました。 映画のポスターと同じで とても渋い作品です。 他のヤクザ映画にはない スタイリッシュな作品です。 また映画の サントラ盤も持っていますが、 たまにTV番組のBGMにも 使われているようです。 スリリングな曲や 叙情的な曲が多いです。 残念ながら絶版ですが。

  • gar********

    5.0

    改めて昭和のネオ・ヤクザ映画だと痛感した

    やれと言われて渋々やった時の さあ、御用とお急ぎでない方は、よーく見てってくれ。 背中に昇った昇り竜、両の腕はゾロ眼の牡丹。 一天地六の賽の目を、振って散らした親不孝。 泣いてくれるなおっかさん。 親や世間に逆らって、重ねた悪事もこれまでか 壱に窃盗 弐に詐欺で、参度の喧嘩にパクられて 検事判事の居る前で、一度は強情張ったけど 所詮叶わぬ現行犯 昼は厳しい監視の目、夜は冷たい鉄格子 まぶた閉じればありありと、エプロン姿のかわいい娘 たまらん、これぞ陣内演じるネオ・ヤクザ 昭和感溢れる名作なのに、なぜDVDが出ない。 DVDでなくてもデータ配信がここまで広がったんだから データ配信して欲しい。

  • peo********

    4.0

    ネタバレ一炊の夢

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nag********

    5.0

    実際によくある話、でも面白い!

    レンタル屋のカテゴリには『任侠』とか『ヤクザ』コーナーにあるけど、実際は違うんじゃないかな。陣内さんのファンで何度も見ているけど、ぴったりのハマり役ですよね。ストーリー的にはそこそこのヤクザが落ちぶれてゆく様を描いている地味な話ですけど『仁義』とか『男気』を前面に出しているそのテの映画の中では異色で新鮮。ジョン・ルーリーのバイオリン(BGM)が妙にマッチしていて哀愁が漂ってます。

  • dat********

    4.0

    いつまでもぶらぶらしてらんねぇだろ

    レビュータイトルは劇中の主人公の台詞です。 このくだりがタイトルにも彼の人生の流儀にもかかっているわけですね。 この頃の陣内さんはヤクザ役が多かったですね。 この作品も故・金子正次が脚本を書いていて「竜二」と同じテイストで一人のヤクザの葛藤とせつない生涯が描かれています。 出演者も素晴らしく 男の悲哀をより引き立てています。 余談ですが・・・陣内さん主演で 実在の伝説のヤクザ「花形敬」を演じた「疵」という作品も宜しければどうぞ。

1 ページ/1 ページ中