アルフレード アルフレード
3.3

/ 16

19%
25%
38%
6%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(6件)

かわいい13.6%コミカル13.6%ロマンチック13.6%楽しい13.6%セクシー9.1%

  • 一人旅

    5.0

    イタリア式 猟奇的な彼女は…

    ピエトロ・ジェルミ監督作。 『越境者』(50)、『鉄道員』(56)のイタリア・ネオレアリズモの巨匠:ピエトロ・ジェルミ監督の遺作となったイタリア式喜劇の佳作で、完全なるイタリア映画ですがアメリカ人のダスティン・ホフマンが主演に起用されています。 奥手で真面目な銀行員:アルフレードが一目惚れした薬局の女性店員:マリアにとことん翻弄されるというお話で、始めのうちは大好きなマリアと一緒に過ごせて有頂天気分だったアルフレードですが、次第にマリアの過剰な独占欲にうんざりしていき、遂には彼女の元から逃げ出すかのように別の女性(こちらもこちらで曲者…)と恋に落ちていく様子がユーモラスに描かれています。 “一番楽しいのは片想いのとき”の如く、相手との距離が縮まれば縮まるほど、磁石のN極とN極のように同時に強い反発力が生まれていくという皮肉たっぷりな恋愛喜劇となっていて、アルフレード宛てに一日何通も手紙を送りつけたり、頻繁に職場に電話してきたり、勤務時間中にも関わらず“セックスタイム”を毎日決まった時間に強要したり…と見た目は100点満点なのに性格は我が儘&独占欲がやたらと強いマリアの突飛な行動の数々がコミカルな味わいとなっています。 恋愛、結婚、離婚を巡る男女の悲喜劇を主に男性側の視点から軽妙洒脱に描き出した、同監督『イタリア式離婚狂想曲』(61)や『誘惑されて棄てられて』(63)に連なるイタリア式コメディで、劇中の年齢設定どおり撮影当時35歳だったダスティン・ホフマンが女性の尻に敷かれまくる気の毒な主人公を妙演しています。相手役は上記2作品にも出演した当時26歳のイタリアの若手女優:ステファニア・サンドレッリ。

  • gfq********

    4.0

    イライラするのにどうなるのよ?と見ちゃう

    初めて見るテイストの映画でした。 気が弱く優柔不断で平和主義のアルフレードが、ついつい結婚して妻に振り回される。 その妻が、女の嫌な部分しか持ち合わせていないかのような性格。 そんな妻の要望に普通の男なら耐えられないのに、アルフレードは応じ続けます。 その様に、と~ってもイライラします。 何だよ、イヤと言えよ!って(^_^;) イヤと言えない役をダスティン・ホフマンが超上手く演じています。 また初めて、ダスティン・ホフマンってカッコよかったんだ!と思いました。 どうもレインマンの時の印象が強く、小さいのに何で人気なんだろう?と思っていたから。 昔のイタリア女性はあんな風貌の人が多かったのか、パリコレモデルのようなメイクの女性と弱気なアルフレードのチグハグな組み合わせもまた面白かったです。 また見たいとは思わないけど(イライラするから)、一度見るにはいいですよ!

  • スーザン

    4.0

    愛すべきイタリア喜劇。

    この時代のイタリア喜劇映画は、見事に大人向け。 男女の仲のなんやらかんやらを、実にシニカルに面白おかしく見せてくれる。 本作も、優柔不断な真面目青年がスゴイ女に翻弄される様を傑作に描いている。 とにかく結婚相手のオンナとその両親が凄かった・・・。 誇張はされているものの、洋の東西問わず、さもありなん・・・という感じ。 対する男の情けなさよ・・・。 その男、ダスティン・ホフマンの演技が突き抜けているではないか! かくも哀しく可笑しい男と女と結婚と・・・。 ラスト、今も昔も男は懲りない生きものだということか。

  • sit********

    3.0

    ネタバレこの作品好きです

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bakeneko

    5.0

    これぞ、結婚の真理!

    シリアスな庶民生活描写が有名なピエトロ・ジェルミ監督ですが、この人はデシーカと並んで艶笑喜劇の名手でもあります。特にシチリアの因習絡みのコメディ「誘惑されて棄てられて」と、この「アルフレード アルフレード」は抱腹絶倒の喜劇の中に、男女の心理の機微を見事に捉えています。売り出し中のダスティン・ホフマンに、演技面でも上達してきたステファニア・サンドレッリ、更にカルラ・グラヴィーナが出ていて、3人とも若くて魅力的に撮られています(特に、ホフマンとサンドレッリの掛け合いは絶妙です)。 アメリカの生真面目さでも、フランスの繊細さでもない、まさしくイタリア的な素朴(露骨)で明るい(身も蓋もない)恋愛喜劇であります。 既婚未婚を問わず、男女共に笑い転げる娯楽作ですが、お子様は遠慮してね! あと、カルロ・ルスティケリのテーマ音楽は甘く、明るくとても良いですよ!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
アルフレード アルフレード

原題
ALFREDO, ALFREDO

上映時間

製作国
イタリア

製作年度

公開日
-

ジャンル