ここから本文です

ゴンドラ (1987)

監督
伊藤智生
  • みたいムービー 19
  • みたログ 94

3.94 / 評価:79件

個人的感想として、

  • sen***** さん
  • 2017年7月22日 23時13分
  • 閲覧数 1414
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

話のテーマとなるものは良かったと思う、しかしながら全部をこちら側に想像させる、連想を促す描写ばかりで全体がぼやけているのが目に付いた。

何が原因で主人公はいじめを受けたのか?容姿?性格?家庭環境?
生きる事、死ぬ事に対してのアプローチが弱い気がする。
母子家庭で育った所は早い段階で小学生から反抗期を迎えるのか、そもそも母子家庭という片親の状況下で「いい子でいなければいけない」と言う選択肢だってあるはず。
いい所に住んでいたけど実際の母子家庭は?そこまで調べたのか謎。
離婚した父親は音楽家、子供は絵を描いてみたり音をかじっていたり、、
男性主人公の過去もささっと載せただけ、セリフを少なめにいくならそれなりの演技をさせなければいけないのだが、他でのカバーが出来ていない、など。

全体がとっちらかってぼやけている分、監督の伝えたいこともぼやけて見えてしまう印象を受けた。

多額の借金をして作った作品と推していたが、玄人が見ると音響の荒さであったり編集点がすぐに解ってしまう。
こだわりがあるのならばもっとこだわっていくべきだし、静まった演出に音響のミスは妥協しちゃいけないと思う。
グレーな部分を突き詰めるならもっと全てに対して掘り下げていかなければ薄っぺらく見えてしまう。美大や映像学校の学生だったらゴロゴロこういったものを制作している。
30年前の作品だから評価が高いのか、ロングランの理由、年齢層、何故今なのか、そっちに興味はあります。


たぶん、結論のない映画が好きな人は楽しめると思います。背景であったり、表現方法は素敵でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ