ここから本文です

抵抗(レジスタンス)-死刑囚の手記より- (1956)

UN CONDAMNE A MORT S'EST ECHAPPE OU LE VENT SOUFFLE OU IL VEUT/A MAN ESCAPED

監督
ロベール・ブレッソン
  • みたいムービー 85
  • みたログ 162

4.27 / 評価:64件

色褪せない映画。

  • ars***** さん
  • 2020年4月27日 18時52分
  • 閲覧数 165
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

心の声が、メインのセリフだが、確認と言い聞かせで箇条書きなのが絶妙。自分の脱獄だが、徹底的に客観視しないといけない状況が、みるみる内に鑑賞者を囚人にしていく。

脱獄できるかよりも、やるしかない、やるしかないけど、迷いますよ、そりゃーね。全てがリアリティ。まぁ相手がナチスだから、脱獄も全面肯定で見るし、脱獄劇とは一線を画すもの。建物構造がどうなってるのか見てる方も囚人と同じで分からない。映るのはほぼ独房と日課の洗面だけ。
小さなミスが命取り、そのまんまで圧倒的。これに感化、影響された映像作家も多いだろう。なかなかマネできないだろうけどね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ