ここから本文です

肉体の門 (1988)

監督
五社英雄
  • みたいムービー 31
  • みたログ 198

3.07 / 評価:69件

解説

 田村泰次郎による同名小説の5度目の映画化。脚本は「吉原炎上」で脚本構成を担った笠原和夫が担当。監督は五社英雄、撮影は森田富士郎が務めた。太平洋戦争終戦後の占領下にある東京を舞台に、娼婦として生きるエネルギッシュな女たちを描く。  終戦から2年経った昭和22年の秋、浅田せんをはじめとするパンパンの女たちが新橋界隈でグループ「関東一家」を形成していた。せんのライバルお澄率いるグループや、闇市のボスであるやくざの袴田組との確執など、争いは絶えない。復員兵の伊吹との出会いや一家の町子の裏切り、米兵に復讐を誓うお澄との関わり。それぞれに戦後を歩んでいく彼女たちの行く先とは…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ