ここから本文です

となりのトトロ (1988)

MY NEIGHBOR TOTORO

監督
宮崎駿
  • みたいムービー 243
  • みたログ 2.0万

4.46 / 評価:3903件

猫バスの原点?

  • jun******** さん
  • 2020年12月6日 20時40分
  • 閲覧数 248
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画は好きで数多観ておりますが
本作はアニメという事は関係無く
古今東西最高峰の映像エンターテイメントの
一つだと思っております。

今更本作を「知らん」という人も居ないでしょうから
レヴューは上記のみですが
ずっと疑問に思っていた事がありました。

トトロというのは
ムーミン・トロールと同じ
北欧のトロルからの発想なのでしょう
(でも実は・・・・後述)。

何ですか
猫バスって?

どっからそんな発想を得たのか?

ゼロからとても
思い浮かべられるモノじゃあない。


皆さん「新耳袋」という書籍を御存知でしょうか?

メディア・ミックスで一時期ブームにもなりました。

怪談実話本の草分け。

取材を旨とした
現代に於ける「実話」怪談を収録した
シリーズ本です。

一冊に九十九話収録。
十巻出ています。

その中の話に
「狐のバス(タイトルは違ったかな?)」
という話が在りました。

田舎の森の中でバスを待っていると
目の前を小さなバスが走り抜けて行く。
後ろには尻尾が・・・・

細かい部分はうろ覚えですが
大筋はそんな話でした。

取材された「実話」だそうです。

この「新耳袋」の著者は
二人居ます。

その一人。

木原浩勝という方。

何と初期のスタジオ・ジブリに
籍を置いていた方でした。

宮崎駿監督はひょっとして
彼の話から猫バスを・・・・・

木原さんは大学の頃から既に
怪談収集をされていたそうですから。


トトロの森が埼玉で云々・・・
という話も実は私
「元ネタ」と思しき話を
「本人(トトロ目撃談)」から
偶然聞いてしまったのですが
「その少年(今は当然いい大人)」が
宮崎監督に・・・・・

いや止めておきましょう。

因みに「話の」原型は
「フクロウの化け物」です
(宮崎さんの古いスケッチにも有ります
「ミミンズク」だったかな?)。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ