レビュー一覧に戻る
ダウンタウンヒーローズ

eto********

3.0

可愛い女子は天使だと思い込んだあの頃

これは戦後すぐ、松山の(夏目漱石『坊ちゃん』やね) バンカラ高校生を主人公にしたお話だが、 第2次ベビーブームと言われた我々の高校時代だって大して変わりやしない。 想い出すのは 「頭の中は8割女子のこと(しかも可愛い子限定)、2割ぐらいその他のこと」だったなあ。 しっかり女性と会話を重ねて、外側だけの美しさに沢山だまされて、 (沢尻さんとか、最近話題のあの人とか) 人柄を知ることの大切さを知ってだんだん男として成長していくのだなと。 (外見の美しさは永遠じゃない。人柄の美しさはそれを守ってあげれば永遠だから。  女性が男を見る目はもう少し早めに養われると思う、何故だろう?) この映画の劇中劇はあんまり面白くないが、 満を持して登場の渥美清さんがすべて持ってっちゃうよ。

閲覧数1,561