ここから本文です

華の乱 (1988)

監督
深作欣二
  • みたいムービー 47
  • みたログ 169

2.96 / 評価:48件

大正ロマンの世界だけど

  • kun***** さん
  • 2016年1月30日 9時01分
  • 閲覧数 1712
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

なんだかガチャガチャしてて、ロマン?????と言う感じじゃ無く、長屋
住人ドタバタ劇の様で、華の乱って艶やかで優雅な題名とは違ってた。
吉永物って企画じゃないかな?
小百合さんは透明過ぎて、晶子の様な臭すぎる人って感じじゃ無い。
タバコは嗜まない人でしょう?
晶子は12人も子供を産む様なマザーエイリアンの様な逞しすぎる女。
きみしににたもうなかれ 見たいな線の細い印象じゃ無い。
写真を見ると小百合さんとは全く異質な人。
有島武朗との話は全くの創作でしょう?
有島は女性が好む様な端正な顔立ちで線が細く、当時確かにもて男だったとは思う。資産家でもあるし。
それを結び付け華の乱舞にまでしたかった監督の意気込みは判る。
監督はヤクザ映画の巨匠。
やはり監督には文太兄いの方が似合ってる。
親父が無理して文芸ロマンに挑んだってまあ努力賞でしょうね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ