リボルバー
2.8

/ 65

18%
12%
31%
11%
28%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(9件)

コミカル15.0%笑える12.5%楽しい12.5%切ない12.5%かっこいい7.5%

  • lud********

    4.0

    楽しいことうけあい

    いやぁ~楽しかったです♪ とにかく面白かった。キャストも良いし。 沢田研二がカッコいい。 手塚里美はやっぱり良い女でしたねぇ~ 大好きだった頃の映像が観れて本当に感無量。 佐倉しおりも、可愛くてスタイル抜群。 グラビアアイドル当時のまま。 ストーリーも悪くなかったよ。 当時にしてはぶっ飛んでないしね。 そして、ラストで皆が一堂に会する。 何というか80年代の香りぷんぷんで、涙が出そうでした。旧札幌駅が懐かしかったし。 二度と戻れない時への切ない気持ちがね。

  • d

    3.0

    派手さがないバブル期の作品

    一丁の拳銃を巡って、出会うことがないであろう人々が最後に交わる群像劇。 それも鹿児島から北海道まで大移動(笑) 物語は今となってはごく普通な感じ。人々が交わるまでに大きな仕掛けがあるわけでもなく、交わってからもそれほど大きな驚きはない。 登場人物たちが抱える問題や悩みも、それほど強烈なものではないので、観ていて辛くはならない。その点では観やすい作品でもあった。 1988年の作品ということでバブル真っ只中だが、成金感もトレンディー感も無く、もう少し古い作品かと思った。 競輪場行きのタクシー乗り場があるのが割と衝撃。金のある時代だったんだなー

  • もんちのんち

    5.0

    好きな映画

    登城人物が、それぞれ違った生き方を描き、そしてそれが絡み合って映画になった作品だと思う。お気に入りの一作です。

  • min********

    5.0

    ネタバレ飽きない作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mas********

    4.0

    登場人物がそれぞれの生き方が描かれいる

    競輪場の馬券売り場で、たまたま出会った二人、警察官清水(沢田研二)と仕事の紹介お見合い、女に降られ家庭持ちのダメ男、さまざまの考え方、生き方、それぞれが違う中で 清水が公園ブランコでボ~としている間に一丁の銃が強奪され、それぞれの登場人物が絡み合い、銃とゆう恐ろしい凶器で誰でも憎いと思えば、簡単に殺せる銃を持てば怖くもない、 人物なれるし、脅しもできる、銃を持つと人間が変わる、考えさせる作品でそれぞれの 登場人物も生かされている作品! 面白かったです 時代も懐かしいし、「あの時なぁ~」思いだしてしまいますね 昭和の時代!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
リボルバー

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-