ここから本文です

姐御 あねご (1988)

監督
鷹森立一
  • みたいムービー 14
  • みたログ 49

3.56 / 評価:18件

【東映】からの仁義なき贈り物・黒木瞳

  • movie oyaji さん
  • 2013年3月10日 0時24分
  • 閲覧数 2933
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

女優☆黒木瞳28歳の姐御肌。
「うちに火つけてしもた~もうこの火は消えへん・・・」
極道に惚れぬく一途な女を格好良く演じた黒木瞳さんにしては異色作品だ。

大阪・道頓堀界隈に犇めく極道たちとそこに巣食う極道の女たち・・・
石橋蓮司を親分とする田ノ浦組と、寺田農が親分の古溝組のヒットマンを要した抗争復讐劇。
古溝組の若頭を松方弘樹が演じ、けして惚れてはならぬ極道者に惚れてしまった女に黒木瞳を配し、抗争相手のヒットマンには、ビートたけしと、敵味方ともに一癖も二癖もある出演者が勢ぞろいして興味深く観ることの出来る“女侠客”作品。
良く言う“極妻”ものですが、元タカラジェンヌの彼女が好演したことで話題となった秘蔵作品ですね。
必見して欲しいのは、松方弘樹と黒木瞳の全裸での絡みシーンだ。二人の背中に雄々しく泳ぐ“のぼり鯉”がなんとも艶めかしく眩しく映ります。

王道の“極妻映画”ほどの迫力さには欠けますが、極道の男女の想い、親子の愛情、刑務所への収監らが一本の繋がりをみせることによって、あの華奢な黒木瞳を見事に惹き立てた誤魔化しのない極道映画となりました。

あの「仁義なき戦い」のお膝元である、東映からの女侠客の贈り物。長ドスを振り回す覚束ない黒木瞳の殺陣に酔いしれる“極妻映画”の極みを感じられる特選秘蔵映画だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ゴージャス
  • 勇敢
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ