ここから本文です

会社物語 MEMORIES OF YOU (1988)

監督
市川準
  • みたいムービー 7
  • みたログ 77

4.04 / 評価:25件

負け組?いやいや勝ち組ですよ?

  • tsi***** さん
  • 2017年4月23日 20時21分
  • 閲覧数 595
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

80年代中期、役員にはなれなかった定年直前のサラリーマンの悲哀を描いた映画。
とにかくもう、ずーっとハナ肇がくらーい顔をしてる。
さながら負け組の見本のような描かれ方。
とは言え、会社の同僚達のハナを見つめる目は優しいし、
同僚が気を遣って可愛い女の子とデートまで企画してくれるし、
伊藤四郎演じる常務なんて、退職1ヶ月前にフィリピンに意味も無さそうな出張までさせてくれる。
ハナだって暗い顔のまま出張して夜遊びして女を買ってたりする。
家庭にも少なからず問題があるとはいえ、ハナがアピールするほど悲しい感じがしない。
まともに定年まで働ける時点で充分に勝利者と言える現在と比べると、
ハナの哀しそうなアピールはどうにも届かない。
ましてや、この年代に定年できるってことは
バブル崩壊は回避できてるわけだ。
あの東京商事が果たしてバブル崩壊を生き残れたのかは分からない。
設定が数年ずれるだけで、定年どころかリストラされていた可能性すらある。
ハナさんは充分に勝ち組ですよ。

80年代の邦画を現在見ると、どんなに深刻ぶっても現代のシビアさに比べたら甘々な点が多く、
ついつい突っ込んでしまいますが、
古い映画にイチャモン付けても仕方ない。
人間ってのはリタイアするとなると、
どんな状況でも少なからず憂鬱な気分なのかもしれない。
全体的にとてもムードがあるし、
当時の東京を偲ばせるロケシーンも多い。
ラストの演奏シーンにカタルシスが無いため、最後までシンミリしたムードなのが残念なものの、
80年代ノスタルジーは味わえる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ