ここから本文です

ドラミちゃん ミニドラSOS!!! (1989)

監督
森脇真琴
  • みたいムービー 1
  • みたログ 75

3.67 / 評価:21件

やっぱり絶対名作!もう。。。良すぎ!!!

  • Black Dora さん
  • 2010年8月16日 5時46分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

ドラえもんの名作短編の中で
外せないのは

【おばあちゃんの思い出】
【ぼくが生まれた日】
【のび太の結婚前夜】

そして。。。。
【帰ってきたドラえもん】だ!!

その中の一つが、
ロボット学校の卒業試験の話。。
そこで見れるのは、自己犠牲を惜しまない友情!!

ここのロボットたちの中に、ドラえもんが居るわけではないから
(青い色で、声が大山のぶ代さんのドラは出てこない)
あんまり、感情移入できなかったけど
あー、こんな番外もあるんだなって。。。
まあ、楽しめた。


もう一つは・・・
ミニドラSOSのミニドラは、すごく可愛かった。
やっぱり、小さいものは何でも可愛いよね。
声も、いまどきと違ってわざとらしくなく
本当に、ミニドラが存在しているかのよう。

つくづく、昔のアニメの声優さんたちには脱帽ですな。。。

ここでは、のび太たちの次の世代を見ることが出来る。
のび太と、しずかちゃんの息子の「のびスケ」(お馴染みの、のび太の声)
スネオの息子「スネキ」(スネオとスネキは同じ声)
ジャイアンの息子「ヤサシ」(ジャイアンとヤサシは同じ声)

後半になってやっと登場した
「成人のび太」だけが、優しい大人の声になっていた。
そこが、また映画版の良さですごく新鮮。
未来をみた気がした。

成人ジャイアンは、しずかちゃんの事を、「奥さん」と呼ぶ。
「しずかちゃん。。。あ、奥さん」
と、わざわざ言い直しているところがいい。

本当に、彼らはみな大人になったんだと、
思わせてくれる。

ドラえもんは登場しない。
つまり、ドラえもんのおかげでやはり
のび太は、ちゃんとした大人になり、
自分の息子は、ドラえもんを必要とはしない
男らしく育っているという事がわかる。

ドラミちゃんが登場するので
一瞬、のびスケは、セワシ君と勘違いするが、
まわりを見ると、そこまで文明が発達していない。

かといって現在とは違う。
気球に乗って、授業を受けている子どもがいたりするから。
立ち並ぶ民家も、中途半端に変わっている。
それでも、一世代後というだけで、
ああいった変化があるという、藤子不二夫様の発想が
すごく、嬉しかった。

彼らはいつも、いいものをみせてくれる。
ドラえもんを見た後は、いつもいい夢が見れるのだ。


最後に「帰ってきたドラえもん」・・・
遠い記憶だから定かではないけど、
小さいとき、見た単行本の巻数一ケタ台
6巻だったかなあ、7巻だったかな、、、全然違うかな。。。
そこに、載っていたんだ。

単行本だから、たくさんのお話が入っている。
その中の1作品だから、ほんの数ページ。
だけど、だけど、、すんごい泣いたのを覚えている。
すごく悲しかったんだ。

ドラえもんが、未来に帰るとき、
最後に置いてきた道具により、
結果的に事態は急変するんだ。
いい風にね。

別れ、苦痛、悲しみ、周りの励まし、、お父さんの言葉、
ジャイアンたちの心無いイタズラ、悔しさ、
しずかちゃんの優しさ、勇気、再会、喜び。。

単行本を読んで泣いた頃の自分の歳も、
たしか一ケタ台だった。
そんな小さい自分が、たった数ページで
それだけの、感情を知ったんだ。。
(あ、いや、全部は分からなかったかも。。。)

きっと、その時が
「うれし泣き」初体験だったかもしれない。


ドラえもんとの最後の夜、
押入れの中で泣いているのび太に
お父さんが優しく言うんだ。

「あばあちゃんの時もそうだったな。。
そうやって押入れに入って。。。
おまえは、変わらないなぁ。。。
下で、待ってるからな。」

って、おばあちゃんの話の
回想シーンが出てきて
もう、涙腺スイッチ入っちゃって。。


ジャイアンたちにだまされて、
(このシーン、本気で頭にきた!!)
ドラえもんに再会できると信じ
おこづかいで、買ったドラやきが
空き地にばらまかれ。。。。

しばらく一人で泣いているところへ
しずかちゃんが現れて
無言で、ドラ焼きを拾い、袋に入れてくれるんだ。

(最初に、ドラ焼きを拾う手から写る。
少しづつそれが、しずかちゃんだと分かる。
なんてうまい演出!!)

この天使のような優しさ
心遣い、無言で伝えるってすごく難しいと思う。
このアニメは本当にすごいと思った。

子どもならではの、励まし言葉も
もはや、この時代のアニメキャラで
しずかちゃんにしか出来ないとさえ感じた。 

あんなに、短いお話で
こんなにもたくさん詰まっている。

大人になればなるほど、
時が経てば経つほど
輝きを増していく
ドラえもん。。。
(もちろん、旧型のみ。
自分の感情に新バージョンとはなんら関係を持ちません)

また、、、、涙でモニターが見えない。。。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ