2013年9月28日公開

ティファニーで朝食を

BREAKFAST AT TIFFANY'S

1142013年9月28日公開
ティファニーで朝食を
3.5

/ 1,211

20%
30%
30%
13%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ホリー(オードリー・ヘプバーン)はニューヨークのアパートで、名前のない猫と自由に暮らしている。そんな彼女のお気に入りはまだ人気のない早朝、パンとコーヒー片手に5番街にある高級店ティファニーのウインドーを眺めつつ朝食を取ることだった。そんなある日、彼女の住むアパートに自称作家のポール(ジョージ・ペパード)が入居し……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(258件)

かわいい20.1%ロマンチック19.4%コミカル8.5%楽しい8.3%ゴージャス7.7%

  • mak********

    3.0

    ファッションとインテリア!

    ストーリーも猫虐待も違和感たっぷり!! 観た後にここのレビューを見てやっと皆同じ意見だと安心。。 とにかくファッションとインテリアとオードリーの美貌にだけフォーカスして観てた。 本当にかーわーいーいー♡♡♡ 猫足のバスタブを半分に切ったソファとか、角で怪我しそうだけど鼻血もんに可愛い♡ それだけでも観る価値あり♡ (むしろそれだけ?)

  • Hassy

    4.0

    ヘップバーンの猫のような姿が魅力

    「ティファニーで朝食を」を観ました。 久しぶりに観ました。やっぱり昔のハリウッド映画は優雅で良いですね。 内容については違和感がありますが、当時の流行作品ですからしょうがないですね。 マリリン・モンローが主役で進んでいたと聞いた事があります。それだとまったく違う作品になっていたと思います。やっぱり本作はヘップバーンの猫の様な姿が魅力だと思います。 原作ではヘップバーンが外国に行ってしまい二人は結ばれず、猫も捨てられて別の人に拾われて幸せになったそうです。映画ではヘップバーンに合わせてラストを映画用に書き替えたと聞いたことがあります。自分は映画版のラストの方が好きです。

  • frr********

    1.0

    ネタバレタイトルに名前負け

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • pip********

    3.0

    当時の価値観

    前見た時は、様々な違和感が重なり過ぎて何だかよくわからなかった。今は違和感をスルーできてストーリーは把握したけれど、全員のセリフに「違うでしょ」と思う。「ユニヨシ」は現在話題の人種ステレオタイプはもちろん、日本人にちょっと聞いてもらえれば、浮世絵の「Kuniyoshi」は有名だけど、Kをとった「Uniyoshi 」は日本人の名前としてほぼあり得ないってすぐわかるのに。 という訳で、原語字幕なしでオードリーの美しさとムーンリバーだけを堪能するのが、今のところおすすめ。

  • たー

    3.0

    ヘップバーンは素敵だけどね!

    内容はこの時の恋愛映画という感じでしょうか? 盛り上がりもあまりなく、頭が弱い女性が圧倒的に多いですよね… 時代なのかな。 現代の感覚とは少しズレてて、残念ながらあまり共感出来ず。 ムーン・リバーは名曲ですし、窓辺で歌うシーンは名シーン。(ヘップバーンの歌声はどの映画も吹き替えだと言われてるが) ヘップバーンの美しさを堪能出来る映画。 頑張って見る価値はあり!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

アカデミー賞第34回

劇・喜劇映画音楽賞歌曲賞

基本情報


タイトル
ティファニーで朝食を

原題
BREAKFAST AT TIFFANY'S

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日