ここから本文です

春来る鬼 (1989)

監督
小林旭
  • みたいムービー 2
  • みたログ 6

3.20 / 評価:5件

解説

 第一回吉川英治賞を受賞した須知徳平の同名小説をもとに「竹取物語」の菊島隆三が脚本を書き、俳優の小林旭が初めてメガホンをとった作品。音楽は「将軍家光の乱心 激突」の佐藤勝。松田勝は1万4千人からなるオーディションに合格して主役の座を射止めた。  遥か昔、日本列島北端に北の浜という村落があった。漁師のさぶろうしは村長の娘ゆのと愛し合っていたが、身分が違うため結ばれることができない。二人は嵐の中を舟で駆け落ちするが、二人を乗せた舟はそのまま鬼の岬に漂着してしまう。長老のくっくねは二人を歓迎するが、他の村民たちはよそ者に心を開こうとしない。捕らえられた二人は村長の頭屋の屋敷へ連行され、ゆのは屋敷奉公することに。そしてさぶろうしは三種類の「ためし」に挑み、何とか課題をクリアしていく。だがそのころ、村ではジャビという流行り病が蔓延していた。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ