ここから本文です

ディレクターズ・カット JFK/特別編集版 (1991)

JFK: DIRECTOR'S CUT

監督
オリヴァー・ストーン
  • みたいムービー 70
  • みたログ 433

4.18 / 評価:92件

しびれた!

  • nozawana80 さん
  • 2011年2月13日 15時58分
  • 閲覧数 774
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

206分の大作、釘付けになって見ました。

思わず、時間の過ぎるのを忘れるぐらい
あっという間だった。
いやいや、何というか
キャストの演技にしびれまくりです。

jfk暗殺は陰謀か、オズワルドの単独犯か。
この答えはまだ出ていませんが、
少なくともあまりに謎の多い事件です。
その謎に真っ正面から向き合ったこの作品、
そして、オリバーストーンは凄いと思う。

「誰かがやらなければならない」
「これは執念だ」
という、劇中のギャリソン検事の言葉は
監督の気持ちを代弁していたんでしょう。

映画史に残るラストの法廷劇。
真実を明らかにしようとするギャリソン検事を
ケビンコスナーが体当たりで演じています。
この演技は記憶に残る演技といってもいいですね!
彼の演技はアカデミー賞ものです。

ギャリソン検事は1992年に亡くなっています。
2039年、ウォーレン報告書の開示まであと17年。
真実の開示を見守りたいです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ