出張

91
出張
3.1

/ 7

0%
43%
43%
0%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(5件)


  • kou********

    3.0

    ハイライト2箱170円…

    サラリーマンの悲哀をかなり特異な設定で描いてますがオモローいです。 石橋蓮司の演技も勿論ですが、のどかな田園風景に、ほのぼのゲリラの面々もユーモラス。 タバコの値段やゲリラと女のセックスシーンは時代を感じました…あのデカパン、最近じゃ森三中くらいしかはいてるの見たこと無い。 まぁ、一応ヌキましたけど…。 どうせなら男もズボンくらい脱げよ…有事の軍隊じゃないし、そんなとこだけこだわらなくてもいいと思うが? ラスト近いハーモニカのBGMと、早送りの日常が郷愁を誘います。 一転エンドロールのハーモニカは、エッヂが利いてカッコうぃーねです。

  • ky1********

    4.0

    面白い

    バブル期に作られた映画だとは思えないチープな絵作り。 1970年代の作品かと思いました。 しかしなんと!これが面白い。何度も爆笑。 石橋蓮司さんが出ずっぱりという珍しい作品です。 いいなあ、安っぽさも含めて大好き。

  • xmg********

    4.0

    石橋蓮司

    原田芳雄さん特集で観た映画。 が、石橋蓮司を知ることになった。 私的に。 良くテレビには出ていらっしゃるがあまりルーツを知らない私には「拾い物」の映画になりました! 1989年の映画にしては古臭く、ヒーロー物かと思わせる設定。 夜中にビール片手に観始めた私には十分な子守唄になった(笑 翌朝改めて朝食を食べながら観始めた訳ですが、途中から引き込まれていく!? 悲哀なサラリーマンを演じる石橋蓮司はまさにその物。 真面目に演じるからより一層コミカルに写る。 tukagosifujio さんのレビューにもあるが、それだからホントに最後のシーンが印象深く残る。 肝心の原田芳雄さんは見ようによってはただの脇役になりそうだが、「ロケット砲」はちょっと横に置いといて、製作年より多分もう少し前の時代背景だと思うのだが… …さびれたゲリラ?っというか、一般の現代日本にいないと言われる「ゲリラ」。 その当時の最後のゲリラの生き残りってもしかしたらこんなのかなって思ったりする。 原田芳雄の存在感とあの演技。 これ、小劇場で舞台にしたらおもしろいんだろうな… ちょっと調べると、まんが日本昔話を書いていたという監督の沖島勲さん。 びっくりしたのが西遊記(堺正章)や小さなバイキングビッケの脚本にもたす触っていたとか!! そうやって思い返すとハリウッドの1.5流の微妙な映画を観るより、はるかに心に残る映画だとは思った。 1940年生まれの沖島勲さん。 もうご高齢ではありますが、まだまだ期待したいです。 そんなこんなで、良い拾い物した! ホントに映画って面白いですね(笑)

  • zoo********

    4.0

    現代の寓話。平凡人の悲哀。

    全くの平凡中年サラリーマンが突然、出張先で山岳ゲリラの人質に。 でも、日本だよ、ここは。 ユーモラスな、お馬鹿設定によるストーリーの進行で、観客はこの映画が非常に観念的なテーマを取り合っているとスグに分かる。 石橋蓮司の「情けない人質オヤジ」の演技が光る。 山岳ゲリラもなんかいい加減。このいい加減さでゲリラ集団と人質はすぐ意気投合。 事件は解決に向かうのだが、帰宅した彼を待ち受ける、あまりに現実的な「中年サラリーマン」の悲しみ。 一大傑作映画とは言わない。だけど、何年もたった今でもラストシーンを鮮明に覚えてるんだよね。 結局、うだつのあがらない石橋蓮司サラリーマン、電車に乗ってまた出張。走る列車の中、窓際でぼそぼそ駅弁を食べる。 で、ゲリラと警官隊の(ちょっとしょぼい単発的な)交戦銃撃音が聞こえるのだ。 取り付かれたように列車の窓を開ける石橋蓮司。窓から乗り出し「頑張れよ~~~。頑張れよ~~~。」絶叫する。 「自分に希望なんか無い。才能もないし、努力も、運も無い。学歴も金も地位も無い。希望なんて無い。延々続く、トホホな日常。  でも、世界のどっかに、希望はある。『誰かのための希望』はあるんだ。『自分の希望」』でなくても、『希望』はあるんだ。」という、えらく倫理的な、情けないサラリーマンの心の底にある“人の尊厳と偉大さ”を見せてくれたようなラストシーン。 石橋蓮司は名優だよ。

  • sbe********

    3.0

    石橋レンジの唇。

    うだつ↓なリーマンが出張行ったら落石で 電車止まって温泉宿で足止め喰らってちょっと うはうはしてたらいきなりゲリラに拉致られる話。 かなりいい加減なゲリラ。目的もよーわからん。 でも原田芳雄の隊長が笑える。 まぁ言っちゃえばサラリーマンの悲哀みたいな話 なんだけどいちばんの見所はレンジの感情と自負心 のふり幅。 最後のシーンがちょっとだけ泣き笑いでなんかよかったです。 公安がバズーカ所持してるのかどうか知ってる人が いたら教えて下さい。

1 ページ/1 ページ中