ここから本文です

キッチン (1989)

監督
森田芳光
  • みたいムービー 13
  • みたログ 220

3.04 / 評価:74件

ケイジ

  • Bayou さん
  • 2018年3月9日 10時39分
  • 閲覧数 1470
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

何回も観ているが、毎回、雄一役を演じる松田ケイジさんが登場すると「どへっ」と思って、でも観ているうちに気にならなくなってきて、で何ヶ月かしてからまた観ると、また松田ケイジさんに「どへっ」となって、でも観ているうちに…が繰り返される。

これって、川原亜矢子さんや橋爪功さんの存在感がすごくて、松田さんの演技の下手さと違和感が飛んでしまうからなのだろう。

原作とは違っていても良いとは思うが、あんな外見がギラギラした雄一はナシだと思う。
名前が一字違いのつながりで田辺誠一さんとか、そういうイメージ。
でも観ているうちに気にならなくなる。
逆に、だから外見込みで松田さんで良かったんじゃないかと思えてくる。
でも観ると「どへっ」…という無限ループ。

いやいやいや、こんなに松田さんを語る映画ではなかった。

川原亜矢子さんがすばらしい。
こちらも原作と違うイメージだけど、彼女で良かったし、彼女のために作られた映画のようだ。

80年代の映画らしい空気感がたまらない。
テーマ曲も、ピアノの音の硬さと揺れ具合が、映画の余韻を感じさせて良い。
挿入曲は無印良品のお店を思い出させる。ああいう曲流れてなかったっけ。

冒頭のみかげの家の庭の木々の、日の光に透けたたくさんの葉っぱがざわざわしているシーンが好きだ。
台所ももっと見たい。ほの暗い感じがまたいいのだ。

VHSテープを持っているのですが、本編の最初の方に、当時映画とタイアップしていたセフィーロのCMが流れて懐かしいです。アサシオ欲しい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ロマンチック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ