ここから本文です

釣りバカ日誌2 (1989)

監督
栗山富夫
  • みたいムービー 5
  • みたログ 252

3.16 / 評価:49件

解説

 やまさき十三・北見けんいち原作の同名漫画の映画化で、本作は第2作目にあたる。監督は栗山富夫、脚本は山田洋次と堀本卓の共同執筆、撮影は安田浩助がそれぞれ務めている。後継問題に悩むスーさんと、グータラなハマちゃんの織り成す空騒ぎを描く。  周りには秘密だが、ハマちゃんこと浜崎伝助は、スーさんこと社長の鈴木一之助と釣り仲間である。ある時、自分の今後について考えたスーさんは、釣り道具を抱え行く当てのない旅を始め、弥生という女性に出会う。スーさんの妻に頼まれ行方を追うハマちゃんは、2人で釣り話をしたことのある愛知県渥美半島にアタリをつけ、スーさんを探しに行く。果たして、美しい女性と共にいるスーさんを高級ホテルにて発見したハマちゃん。2人の行く末はいかに。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ