ここから本文です

女帝 春日局 (1990)

監督
中島貞夫
  • みたいムービー 7
  • みたログ 75

3.17 / 評価:19件

「将軍など誰でも務まるわ」

  • kinchan3 さん
  • 2016年10月7日 10時50分
  • 閲覧数 961
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

 名取裕子が春日局だと思いこんでいた。
 「お前も悪やのー」というイメージがあるからだ。
 「バス通り裏」から大好きだった十朱幸代だとは知らなんだ。
 歴史に疎いから、こんなドロドロ劇とは思わなんだ。
 しかも、お局になってからの話だと思っていた。「女帝」は誰かも書いているように、余計な話だ。だから誤解したのだ。

 まあ、民部卿の局だけでも十分、名取らしい役で「お壺ね」にハマッていた。
 悪くても、きれいな人はいいなぁ。
 人生で一度でも美人に騙されたかった。
(今からでも応募しています)

 調べてみると、確かに不思議なことだ。
 権力というのは恐ろしい。
 持った本人にとっても牙をむいてくる。
 
 中学生の時に徳川家の系図を見ていてびっくりした。
 たくさんの子どもたちがいながら、滅んでいったことに。
 天皇制を否定する気にはならないが、存続は大変だと思う。
 ちょうど、愛子さまが病欠しているだけで大騒ぎだ。
 あれだけの大奥を抱えながらも、後継にあれだけ問題を残すのだから、妾を持てない時代にはどうなるだろう。

 「将軍など誰でも務まるわ」という秀忠の言葉は最近聴いたような。
 「都知事など都の役人がしっかりしているから誰でも務まる」と聴いたのだった。
 で、都の役員がどんなに優秀か、最近の騒動でよく分かった。
 「お手盛り度」が高い人達だった。

 歴史というものはドロドロと盛土のように積み上がってくるものらしい。
 ええっ、盛土はなかったって。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • スペクタクル
  • 不思議
  • 不気味
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ