ここから本文です

死の棘 (1990)

監督
小栗康平
  • みたいムービー 61
  • みたログ 199

3.71 / 評価:92件

何度も観ました

  • lov***** さん
  • 2019年8月29日 15時27分
  • 閲覧数 1192
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

画面の暗さも奄美の自然も独特な夫婦の会話も、妻が夫に裏切られて狂っていく様も秀逸でした。
心から愛する夫に愛人がいた。
そりゃあ子供どころではない。
この奥さんにとっては夫が全てだったのですよね?
配役も成功。岸部一徳でなく、竹脇無我だったらあの不気味な色は出なかった。
昔だから、精神病は、電気ショックくらいしか治療法がなかったと思いますが、妻みほは、清らかで少女のようで、繊細にして真っ直ぐに夫を愛しているのが強く伝わります。
愛と嫉妬に狂った妻を最後まで受け入れる夫の愛情にもちょっとやり方は変わっているが凄いなあと思えた。現実の生活と比べたらいけない世界観が出来上がっています、ふつうに考えたら、子供が可哀想過ぎるってなるでしょうけど、そこは考えなくて良い。だって子供が可哀想とか言ったって、あの夫婦の元でそもそもまともに子供が育つはずもない。
これは夫婦のある愛の形の話ですよね?
でも、意外によくあるのではないかと感じましたよ。それに、みほの気持ちもわかる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 不思議
  • 不気味
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ