ここから本文です

死の棘 (1990)

監督
小栗康平
  • みたいムービー 61
  • みたログ 199

3.71 / 評価:92件

解説

 島尾敏雄の自伝的小説を、「泥の河」の小栗康平監督が映画化。結婚10年の夫婦が夫の浮気をきっかけに妻の精神が錯乱、家族が崩壊していくさまと、その再生を描いた人間ドラマ。結婚10年目の夫婦ミホとトシオ。1944年、トシオが特攻隊として島に駐屯したときに、島の娘ミホと出会い、二人は恋に落ちた。二人は死を覚悟するがそのまま敗戦を迎え、そして現在、二人の子どもの両親となっていた。が、ある日、トシオの浮気が発覚。それをきっかけにミホは精神の激しい発作に見舞われる……。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ