自転車吐息
1.8

/ 34

6%
12%
3%
12%
68%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(3件)

不思議50.0%切ない50.0%

  • nw2********

    4.0

    詩的な世界観

    初めて観た園監督の作品がこれでした。ずいぶん昔なのでうろ覚えですが、構図も美しくとても淡々と詩的な流れに引き込まれ、2度観に行った記憶があります。この時から今(2019現在)と随分作風は変わってしまったようです。でも人の狂気を描いているところは変わらないかな。

  • どーもキューブ

    4.0

    園監督の自転車吐息、園のむき出し

    1990年作品。製作ピア。美術鈴木卓爾(矢口組俳優、のち「私は猫ストーカー」監督、他監督作有り。)脚本斉藤久志(脚本家からのち監督デビュー「サンデイドライブ」「いたいふたり」)。脚本、編集、出演、監督園子温。 昨年から裏ブーム。今もなお熱狂的盛り上がりつつある「愛のむき出し」。その園子温監督のバックトゥールーツをたどるため、ビデオ屋へ。先日借りた「部屋ザルーム」のとなりにありました。サンキューエースデュースさん。自主映画作品で度々再上映されている噂だけ知っていました。「愛のむき出し」の素晴らしさにふれ、「部屋」の閉鎖した硬質の時間空間に酔いしれ、本作の鑑賞にいたりました。予備想像として、もっとガンガン走って、飛んで、暴動でも起こすエネルギッシュな物を勝手に想像していました。 いやーなんとも、青春の鬱屈した、たまりたまった園魂が、こもっていましたねー。良かったです。なにより出演して、気概を言葉をぶちまけていた園監督が素晴らしかったです。未分化な自己表現のような情熱の叫びのようなず風情。頭で撮るというより、体でぶつかるようなテイスト。そして素晴らしいスタッフ。 園監督は、新聞配達をする予備校生。友達とある日、以前作りかけた「映画」を製作しようと相談する。園監督には、妹がいる。映画製作をきっかけにこの三人の精神的バランスが少しづつ、歯軋りのようにきしみ始める。彼らが乗る自転車の軋む音、そう「自転車吐息」がフィルムから聞こえてくる。 映画としてどうとかじゃなくて、撮りたいからブツケル。感情がフィルムにぶち当たってる感じがとっても良かったです。びっくりしたのが、劇中の短編映画に平野勝之監督が出演していてびっくり。そして裏ホラー界の奇才、井口昇監督も参加しています。何気に本作のスタッフは、豪華な面子ばかり。のち監督デビューなさる方が4人も参加しています。なかなかのハイレベルな製作陣です。それも園監督の人望でいらっしゃいます。 ある人から見れば「単なる自主映画、根暗な青年達の不可解なフィルム。意味わからない。」にしかみえないのかもしれません。自分には、とっても情熱がほとばしった作品でした。園魂が詰まった心象風景に見えました。 園監督の友がだんだん、崩れていく様がとってもキューンと痛くなります。特にスーツを着てる部屋のシーンは、出色な空気、異常な空気が流れます、必見。 友情、進路、精神、歯車、鬱屈した労働、予備校、マッチ、旗、殴り書き、八ミリ、滑り台、自転車、木(木登りのシーンにちょっと爆笑)、よーいスタート、ひとつひとつの心象風景が次第に狂いだす感じがとっても素晴らしい。 どことなく「台風クラブ」のあの少年達と重なって見えました。 予備校でのシーンもとっても迫りくるシーンで好きです。 まさしく園監督の荒々しい吐息。それは、自転車であり、くだらない勉強であり、好きな8ミリフィルムであり、大好きな友達であり、今それらが、ひそかに燃え上がります。 結末はいかに? ぴあ提供の素晴らしいフィルム。園版「俺の剥き出し、園の剥き出し。俺の息」 ぜひ「愛のむき出し」ファンの方、ソフトございましたらぜひご覧ください。躍動しています、ひりひり飛び散っています、情熱がべったり焼きついた作品(グロイ意味では無い。作品の質的にという意味で、。)でした、園監督ファン必見です。 追伸マッチの音、茶色い道路の画面、ピカピカな子汚い滑り台が妙に綺麗でした。 「うつしみ」も見てみたいと思います。

  • tak********

    2.0

    自転車走る!

    本作、小さなレンタル屋の棚にひっそりと置いて有りました。 手に取ると監督「園子温」の文字。 こりゃ珍しい作品! 早速レンタル。 Yahoo!映画を見たらレビューが一件も無いじゃないですか。 1990年公開ですから二十年近く前の作品ですね。 16mmで撮られてるのか画面は暗く粗く見辛いです。 主人公のモノローグで始まります。 学生時代に途中で挫折した映画作りを、やり直そう!ってな話です。 青春のほろ苦さ、バカらしさ、切なさを描いているんでしょうか? 意味不明なシーンが多くて訳分からんって感じです。 自主制作映画にしては良く出来てるレベルなんでしょうね。 1時間半程の作品ですが、この画面だとキツイな~ アマゾンの中古価格見たら定価¥4,935が\9,650ですって。 珍品です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
自転車吐息

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル