ここから本文です

天と地と (1990)

監督
角川春樹
  • みたいムービー 25
  • みたログ 465

2.75 / 評価:186件

6万5000人のエキストラ

  • emi***** さん
  • 2017年3月18日 5時29分
  • 閲覧数 2514
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

バブル時代のカネにものを言わせたエキストラ数、6万5000人。
しかも大半が現地カナダ人だったとか。
CGも使っていません。

お金を使えば名作になるとは限らないことを実証してくれた見本のような映画。

原作のあらすじを読むと、なかなか面白い。
そして映画で意味不明だったのは映画オリジナルと判明。

・女武者 八重
・諏訪神軍

なんでこんな余計なモノを放り込んだんだろう。
戦国時代って、負けるとわかっていて命がムダにされたんだなと余計な印象しか与えない上に、史実でも伝承ですらないエピソード。

宇佐美定行が上杉謙信にとって重要な人物なのに、裏切りという烙印を押されて死んでいくのは、映画だけか不明。
史実としてはなぞの部分が多い人物だそうです。

原作の小説に忠実にしておけば、上杉謙信の虚無感や孤独さをもっと感じるいい映画になれていたのに。

最後に角川映画と知って、納得。
やっぱりカネだけの映画でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ