ここから本文です

天と地と (1990)

監督
角川春樹
  • みたいムービー 25
  • みたログ 465

2.75 / 評価:186件

低評価は妥当

  • cd_***** さん
  • 2017年8月27日 20時30分
  • 閲覧数 2248
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

そもそも、戦国時代の映画を観るのは少なからず、歴史好き(戦国時代のみだとしても)な人だと思う。

そう言う層には史実や伝承と違い過ぎて、酷評を受けるのは当然だと思う。

しかも、原作有りの作品でありながら余計なオリジナル要素をブチ込み過ぎて、原作ファンをも敵に回すと言う失策。

人物像が描かれていないとの評価を、良く目にするが、まさにその通りで主人公である謙信ですら、何を考えているのかわからない有り様。
簡単に言うと、場面ごとに性格が違う様に感じたりする。

映画そのものとしても、何の意味があるのかわからないシーンが度々あったり。
ストーリーで説明出来ないのか、ナレーションに頼ったり。
比較的、高評価な戦シーンにしても、エキストラの体躯があからさまに欧米人で気になる(笑)
まぁ、色分けは視覚的には良かったかな?と思いますけど。

その、ビジュアル面のおかげでゲームから戦国に興味を持った人には、さほど違和感を覚えず受け入れられるかもしれないですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ